鬼女の生活|鬼女まとめブログ

鬼女まとめブログです。鬼女・修羅場・キチママ・スカッとする話など、日常生活に関連する人気の話をまとめたサイトです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
驚く

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(123)
63: 鬼女まとめ 2014/01/28(火) 11:08:06.15 ID:/yg0WVIi
スレチかもしれんが投下。


俺はカタツムリ・ナメクジが大ッ嫌い。
病的なレベルで、未だに写真を見ただけで叫びたくなる。

小学生の時、それを知っている友人Aが執拗に嫌がらせをしてきた。
投げてくるとか当たり前。机に乗ってるのも当たり前。
肩を叩かれ振り向いたらいたりする。

実際のところ友人Aはそんなに悪い奴でもないのだが、
俺の反応がやたらオーバーに見えるのが面白かったのだろう、
言ってもやめてくれなかった。
面白がっていたがこちらとしてはたまったもんじゃない。
その度に発狂しかけており、いつもどうにかして仕返しをしたいと思っていた。

しかし喧嘩しようにもそいつは俺より頭二つほど背が高い上、
勉強は出来るわスポ小野球はピッチャーだわテライケメンだわ・・・(´;ω;`)
自信を持って勝てるのは図工の時間くらい、そかしそんなヲタ趣味では
まともにやっても勝てないのはわかりきっていた。

ところがいつも歯ぎしりしながら見返してやりたいと思っていたある日、
仲間内でひょんなことから苦手なものの話になり、そいつの弱点、発覚。

そいつは「狐の面」が苦手だった。


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
困る

既婚男性/既婚女性の雑談(双方質問)スレ417
148: 鬼女まとめ 2018/11/17(土) 09:45:03.66 ID:Q7G3WPBQ0
自分の実家に月1回嫁と10ヶ月の息子を連れて遊びに行ってるんだが、嫁があんまり乗り気じゃない。
理由は俺実家の飯が質素すぎるって言うんだよ。1日くらい我慢してってお願いしてるんだけど首を縦に振ってくれない。何て言えば良いかな?


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
pose_zetsubou_man

【いつまでも】嫁に先立たれた奴集まれ5【忘れないんだぜ】
38: 鬼女まとめ 2016/10/12(水) 11:30:47.89
5ヶ月前に28歳の妻が先立ったのは自殺だった
自分は第一発見者だった
死後、義父にいじめられて、義母からも二の次三の次扱いをされてそううつ病にされたそんな扱いが10年以上続いていたことを知った
いつも一緒にいたのにそんなに続いて酷い内容だとは思わなかった
それぞれの親族はそれぞれが対応しようなんて事にしなければよかった
助けてあげられて、支えてあげられる余地は多分にあったのに
そんなに辛いならなんで俺を頼らなかったのかなぁ
そんなに頼りなかったのかなぁ
後悔と絶望が頭を埋める
死んだ妻の所に逝きたい
いまだに彼女が首吊りした風景がフラッシュバックして心を抉る
彼女は何を考えて死んで何のために生まれてきたんだろう・・・
本当にいきる意味を見失ってしまった
生きている意味がない


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
悲しい

【enemy】真のエネミーは義実家ではなく配偶者236【敵】
837: 鬼女まとめ 2011/03/09(水) 14:27:55.12 O
流れ切ってしまうけど
今すごい嬉しい幸せ!
午前中に産科に行ってきた!赤が来てくれてた!死ぬほど嬉しい

前の結婚では、超近距離別居で過干渉の元ウトメには常に孫を催促されていたけど音沙汰なし
3年目に「親父とお袋に孫をみせてやりたいんだ」と、頭を下げられて緑の神を差し出され悲しいやら悔しいやら泣きながら
「子供いないとダメ?仲良く生きていけないの?」って訴えても
「親父とお袋が」とか「子供を産まないと俺の家族に入ったことにならないんだ」とか義実家がらみになると、もう全然話し合いにならなかった
確かに妊娠しにくい体質と診断されたけど、希望がないわけではなかったのに
ウトメも交えた話し合いの席では、私と対面する形で旦那とウトメが並んで座ってた
完全に私が敵だったんだね
段々疲れてちゃってもうこの人いらんわと判を突いた

去年秋に再婚して二人の生活楽しー、と思ってたらあっさり妊娠したよ
きっと三人になっても楽しいんだろうな
受診後旦那に電話したらすごい喜んでて「これから家事は全部俺がする!」そうですw

今、なんかすごい興奮状態
なんなんだろこの感覚、自分が自分一人じゃないって
じっとしていられなくて無駄に動いてしまうw


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ゾッとする

奥様が墓場まで持っていく黒い過去【黒の12】
696: 鬼女まとめ 2011/01/14(金) 17:16:59 ID:xLANPD8Z0
ちょっと長くてすいません。

子供の頃住んでいた家を建て増ししたんだが、そこに面している道路は路地で夜は真っ暗。

親もその辺りは気にしていたようで、泥棒よけや中を覗かれないように窓は天井付近に大きい
横長の窓をつけていた。
その部屋は雨の日の洗濯干し場兼私の部屋になったんだけど、人通りが皆無の為か室内を覗
かれることが多かった。

ある日自転車が停まる音が聞こえたので、息を殺して死角に隠れると、元から少し空けている窓
を静かに少しずつ開けて中を覗く人が・・・。
恐くて叫んで親を呼んで、大騒ぎになったけど、自費で街頭をつける訳にも行かず、外から窓が
開かないストッパーをつけてもらい、に父が張り込んだり、近所のAちゃんのお父さんが見回りして
くれたりして落ち着いていた。見回りついでに家で飲むことが多かったけど^^;

翌年の夏頃からまた視線を感じるようになり、ふっと見ると窓の隙間の暗闇から目が見えるようになった。
恐くてなんとかしたくて、弟の水鉄砲に洗剤水を入れて、いつでも戦えるように準備をしだした。
ある日、自転車が停まる音が聞こえ、死角に隠れ・・・洗剤水を辺りかまわず打ち込んだ(二丁拳銃で)
うわぁ!という声と共に、人が落ちる音と自転車が倒れる音がした。(荷台を足場にして見ていた模様)

それでも懲りないようで、2日おきくらいに来るようになった。
その頃には相手も楽しんでいるのか、わざと自転車を停める音を聞かせたり、気が付かないと咳払いを
したり・・・洗剤水→洗剤原液→ハイター水→キッチンハイター原液と水鉄砲の中を強力にしても、来るし
ハイター原液の日には、片言で「メガネアルヨ」と言われ、恐さと悔しさで決意した。

考えると恐ろしい事だけど、次の決戦に備え、網戸を外しライターと殺虫剤を準備して待った。
やって来た火、迷わず家の窓だけは燃やさないようにいつも覗かれる窓下に隠れ、簡易火炎放射器を
噴射した。すかさず窓から覗くと服を脱いで、それで頭についた火を消しながら、自転車で逃げ去った。


数日後、母親から「Aちゃんのお父さんが、先週変質者に火をつけられて頭に火傷したんだって。
明るくても4時以降は1人じゃ外に出ちゃだめよ」と注意された。


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
怒る

友達をやめる時 inOpen 4
373:鬼女まとめ 18/12/19(水)21:06:02 urn
友達で一口ちょうだい女がいてさ、
一口ちょうだい攻撃にめっちゃイラついてたんだけど他の友人達は何とも思ってないみたいだしさ、
私の心が狭いだけかなって思って今まで我慢してたんだけどさ、
今日セブンイレブンの3個入りのハムサンド食べてたら
お腹へった~いっこちょうだいってハムサンドひとつ強奪してって
具がぎっしり詰まった真ん中らへんだけ食べて残りのパンをゴミ箱にポイっと捨てたんだよ。
思わずちょっとあんた何してんのって言っちゃったんだけど
なんかキョトンみたいな顔して え、だってそこ味付いてないじゃん?って。
一緒にいた他の友達も、人のやつとって食べてそれはないわぁ~って言ってくれたんだけど
え?え?なんでなんで?なんで怒るの?って言いながらニヤニヤしてた。
もう無理だわ。コイツと仲良くしてる友達ごと全員切るわ。
サンドイッチごときでちっちゃい奴って言われてもいいわ。


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
修羅場

今までにあった最大の修羅場 £48
424: 鬼女まとめ 2012/07/07(土) 10:19:10.87 0
似たような修羅場を思い出したので。

大学時代、彼氏の家で遊んでいて急に友人と会うことになり、
彼が車を貸してくれるというので借りて会いに行った。
話も尽きず、うっかり友人の終電がなくなってしまったので
友人の家まで車で送っていった。

そこから1時間くらいの距離にあるはずの彼氏の家に向かうべく、
走ったことがない真っ暗な道をよく道がわからないまま車を進ませた。
途中、○日~○日まで工事のため云々という看板を見かけた。

そのまま走らせていたところ急に道が狭くなり未舗装の道に迷い込んだ。
看板を思い出して、ああ、これのことかなと勝手に思ってそのまま走らせていたら
行き止りになった。

一本道で回りは雑木林っぽくてUターンもできない。
ふとそこにヘッドライトをつけて車が入ってきた。

「あーあ、この人私が道を知らないとは思わずに、後ろを走ってきちゃったんだな」と思って
車から降りて行き止まりですよーと教えようとしたら

ズボンのベルトをはずしチャックを降ろしながら車から出てきた。


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
pose_mesen_uekara_woman

今までにあった最大の修羅場を語るスレ9
569:鬼女まとめ 18/01/20(土)15:11:10 um7
旦那に不倫されて、復讐した話。
結婚して7年くらいの頃、不倫された。
プリは妊娠中だとわかったので、離婚しようと思ったんだけど、そのプリに「奥さんには子供いないんだから離婚してくれてもいいじゃないですか」的なことを言われて、最大限の復讐を決意。
当時、二回目の流産をしたところだったんだよ。
まず、旦那は一切責めず、優しく優しくした。義父母にも報告しなかった。
プリの家に行くのもOK、服や下着の支度もしたし、プリや赤ちゃんのことも気遣うふり。
で、定期的に旦那の好物を作りすぎたとか、義父母がくるとかで「申し訳ないんだけど少し帰ってきてくれる…?」「帰ってきてくれたら嬉しいな…」とけなげぶった。
プリや旦那に離婚を急かされる度に、「もう少しだけ妻でいさせてほしい」「義父母を悲しませたくない…」とヒスらず、あくまでも健気にかわした。
そのうちプリがヒスるようになったけど、そんなときを狙ってわざと「義父母が体調悪いみたいです。私が看病してるから大丈夫だけど、一応報告だけするね」というようなメールを送った。
そのうちプリと旦那は不仲になり、私にすり寄ってくる旦那。
完全に反省して、いい旦那になった頃、旦那を「あなたの体が心配、私もあなたともっと一緒にいたい」と低所得の仕事に転職させ、義父母に全てをバラして離婚した。
もちろん慰謝料も、元プリと旦那両方からがっつりもらった。
やり直す気なんて最初からなかった、一番ダメージを与える時期に離婚してやりたかったと告げて、不倫発覚した頃からつけてる恨み言満載の日記を渡した。旦那は震えていた。
私もさっさと離婚して再婚するなり、自由に暮らすなりした方が良かったと思うけど、後悔していない。
プリにも義父母にも私にも見放され、仕事は低収入で内容も旦那にとってはやりがいのないものになって、今どんな気持ち?
ねぇ、しんだら?私あなたがしんだら凄く嬉しい、ずーっとそう思ってるから、しんだら絶対私に連絡くるようにしてね!とニコニコ言って、終わりにした。
その後の消息はしらないけど、私はのびのび仕事してます。


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ゾッとする

【チラシ】雑談・相談・質問・ひとり言【もどき】 39
766:鬼女まとめ
結婚して義実家に初めて泊まりに行ったんだけど、
私が使った後のバスタオルを義父が使っていた。

義母は新しいバスタオルとタオルを洗濯しておいてくれて、
これは頂きものだけど新しいタオルとシーツだからこれ使って。
お風呂も1番風呂を使わせてくれて、すごく気を使ってくれたので快適だった。
一応自分の分のタオルは持って行ってたけど、義母の心遣いを正面から拒否するのも悪くて、
義母の用意してくれたタオルを借りた。

脱衣所に清潔なバスタオルやタオルが棚の中に置いてあって、好きなの使って良し。
1回手を拭いたり、顔を拭いたタオルは、洗濯機横のカゴに入れて置くのがルールだって言われた。
タオルの厚みとか大きさとか色々あるから、好きなの選んで良いって。

お風呂を使わせてもらって、使用済みのバスタオルを洗濯カゴに、
自分の着替えは袋に入れて自分のバッグに入れたの。

私の次に旦那がお風呂に入ってその次に義父がお風呂に入ったんだけど、
私が使ってカゴに入れたバスタオルで頭を拭きながら出てきて衝撃。

義母が気づいて義父に、それ嫁ちゃんのバスタオルじゃない!って言ったら、
あんまり濡れてなかったから使った。って言ってて、
義母がアンタバカじゃない。気持ち悪い事するんじゃないよ。あんたそんな事した事ないでしょ。
って義父を叱りながら私にまた新しいの用意するからって謝ってくれたけど、やっぱり気持ち悪いわ。

旦那もおやじいい加減にしろよ。って怒ってくれたけど、義父は全然気にしてなかった。
何が悪いかも分かっていない感じ。
旦那はもう泊まらないって言ってくれたけど、結婚して早々これは嫌だわ。
こんな事で絶縁もやり過ぎだけど、生理的に無理って感情が生まれた事も事実。


今までは普通の人だったのにもう気持ち悪くて顔も見たくないわ。


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
唖然

【宣戦】義実家にしたスカッとするDQ返し129【布告】
608: 鬼女まとめ 2009/04/13(月) 17:35:30 0
トメがデパートの駅弁祭りに行って夕飯にお弁当を買ってきた。
トメとウトは釜めし、私と夫には海鮮丼。
さあ食べましょうか、と言う時触ったら海鮮丼が熱い。
わざわざ私のだけ、いくらやウニが乗っかった鮨弁当をレンチンしたトメ。
「うわっ何これ!!」と言うと、「やだー間違ってあっためちゃったーwごめんねーww」と。
一瞬で空気が凍り付き、ウトと夫と私の冷たい視線がトメに注がれたら
トメ焦って「何よ、間違っただけじゃない!」と逆切れ。
夫が「じゃあなんで俺のは冷たいんだ?あ?」というと
「だから間違ったの!!」とキレまくった。
ウトと夫が「俺の弁当食え」「いや、俺のを」と申し出てくれて、
それが又トメの逆鱗に触れ、
「まああ嫁子にはずいぶん優しいのねっ!私そんな優しくされた事ないわっ!」
と本気で半泣きになってた。
私は「まぁまぁ、それは夫君とウトさんが召し上がってください」と笑顔でいい、
「でも…」という二人に
「私はこれ食べますからー」とトメの釜めしとほかほか海鮮丼を交換し、
皆「そうだそうだ、それがいい」と和やかに食事。
トメは「ちょっと!!返しなさいよ!」と切れまくってたけど知らんぷりw
「釜めしおいしいですね、これ」
「カニがいっぱいのってるなぁ。嫁子、親父、ほらおすそわけ」
「おお、じゃあこっちの煮物をやる」
「タコやわらかーー!夫君食べてみてよ!」
結局トメは「私が若い頃は~」とか言いながら、食べずに部屋にこもったんだけど
お弁当、ふた開けたらいくらは真っ白。
で、よく見たら夫が食べたものよりもすっげーランクの低い弁当だったw
夫のは生うに、たっぷりいくらにサーモン、カニほぐし身の上にでかいカニ足2本だったけど、
こっちのはいくらがちょびっと、カニほぐし身、サケフレークのみw
トメ抜かりなし!!


続きを読む