いい話
1637: 鬼女の生活|いい話まとめ 投稿日:2014/09/26(金)18:11
コスモスの時期になると思い出すんだが、
子供の頃、うちはド貧乏だった。
親父が蒸発して、母親が夜遅くまで働いてた。

学童みたいなのが地域になくて、学校から家に帰ると、菓子パン食べて、
それから友達の家行ったり、小遣い貰ってないからただ近所を散歩したりして、
真っ暗になるまで時間潰してた。

ある日、少し遠い街を歩いてたら庭にコスモスがいっぱい咲いてる家があって、
その時頭にあったのが「今日お母さん誕生日なのに何もあげられない」で、
たまたま庭に出てきたおばさんと目が合ったので、
「こんにちは、すみませんが、コスモスを一本貰えませんか」と話しかけた。




1638: 鬼女の生活|いい話まとめ 投稿日:2014/09/26(金)18:30
理由も伝えて「これで憐れんで一本くらいくれるだろう」と思ったら、予想の上を行った。
コスモスで花束を作ってくれた。

家に上げられ、リボンを一杯並べて「花束に好きなの巻いてごらん」と言われた。

きれいな便箋をくれて、手紙書きなさいと言われ「ママ大好き」とか書いた。

硬いクレヨンみたいなの貸してもらって、母親の似顔絵も描いた。

お菓子も食べた。

おばさんも手紙を書いて「これもお母さんに渡して」と言われた。

お礼を言って帰って、家で母親の帰りを待って、
やっと帰ってきた母に
プレゼントを渡すと、
「こんなのどうしたの?」と初めは怒ってるような驚き方だった。

知らないおばさんから貰ったんだよ、
と説明してもなんだか納得いかない
ようなこと言ってたけど、
おばさんからの手紙を読んだら、泣いて
「ありがとうね」
言ってて、
あーおばさんが説明してくれたんだなー良かったーと思った。

そんな手紙のこと忘れてたけど、
母親が痴呆で施設入った後、母親のアパート片づけてたら、
段ボールの中にその時の似顔絵と俺の手紙とおばさんの手紙が残ってて、
あーおばさんこんなこと書いてたのか、とわかった。

「息子さんの気持ちに打たれ、拙宅のつまらない花ですが差し上げました。
優しいお子さんをお持ちですね。
うちにも子供がいましたが、小学校までは生きられませんでした。
女手一つでお辛いでしょうが、どうかこれからもお子さんを大事にして下さい。
陰ながら応援しております」
とか書いてあった。

俺の子育てにあれだけ苦労した母親なんだから、
俺の苦労は苦労じゃないよな、
と思って施設に通ってる。


1640: 鬼女の生活|いい話まとめ 投稿日:2014/09/26(金)20:59
>>1637
心がささくれてたけど、なんかあったまった。
ありがとう。


1641:鬼女の生活|いい話まとめ 投稿日:2014/09/26(金)21:24
>>1637
ええ話や


1645:鬼女の生活|いい話まとめ 投稿日:2014/09/27(土)07:43
>>1637
お母さんへも、その素敵なおばさんへも
素晴らしい贈り物をされましたね
そのおばさんのその時の心情を想像すると
熱いものが止まらない


何を書いても構いませんので@生活板