修羅場
351:鬼女の生活|修羅場まとめ 2011/06/05(日) 18:55
数年前の話

兄…長男。地元で一番の国立大学を出て国家公務員になった。ずっと実家暮らし

私…長女。地元を離れて進学し就職して一人暮らし

妹…次女。おとなしくて真面目。絵がうまい。地元短大を卒業してずっと実家暮らし

弟…次男。末っ子。私と同じく地元を離れて進学就職したが近県なため私より頻繁に帰省している。

父…元教師

母…元看護婦


私の現在の住居と実家は飛行機でないと帰省しにくい距離。
なので成人式で帰省したのを最後に5~6年ほど帰っていなかった。
両親とも長男で優秀な兄を溺愛していたから
私のことは放任していてくれたのを「楽でいいや」とずっと思っていた。

あるとき、高校時代の友達の結婚式に合わせて帰省した。
帰る前に母に連絡して
「みんななにも変わったことないー?」
「べつにないよ」
ってやりとりをしたから変わりないんだろうなと思っていた。


352:鬼女の生活|修羅場まとめ 2011/06/05(日) 18:57
帰省してみてビックリ。
妹が半分くらいの細さになっていた。




最後に見たときは160cmで50kg前後だったはずの妹が骨と皮になってる。
しかもやたらテンション高い。
私の腕をつかんで振りまわして「おねえちゃーんーだー。わー、うーれしーいなー」とか歌う。えんえん歌う。
妹にそんなことされたことないから本当にビックリした。

妹はおとなしくてシャイな子で身内にもさわることなんてめったにしない。
それが私の腕を掴んで離さなかったり、妙にべたべただきついてきたりする。

その日は週末だったからさいわい弟も来てくれた。
昔からきょうだいの中で唯一話の合うのがこの弟だけだったから
食事が終わってすぐ弟を部屋に呼んで
「妹はどうした。いつからあんなになったんだ」と訊いた。

弟が言うには「去年から」だと言う。
理由は不明だそうで、野菜とお刺身のきれはししか食べてるのを見たことがないし
拒食症かもしれないということだった。

弟から両親それぞれに「妹を病院に連れていった方がいいんじゃないか」
遠まわしに言ったこともあるそうだが
「おおげさ」「うちは何も問題ない」
とかわされてしまったそうだった。


356:鬼女の生活|修羅場まとめ 2011/06/05(日) 19:07
当時妹は家事手伝いだった。
私は妹を「たまには観光で息抜きもいいよ」と言ってしつこく自分の住む県に誘った
妹は「私がいないと家事をする人がいなくなるから」と断ったが、
母が「うちのことはあなたがいなくたってお父さんとお母さんがやるわよ」と言った。

妹はそう言われてがっかりしているようだった。
妹は私のいる県に最初は二泊三日の予定で来た。


353:鬼女の生活|修羅場まとめ 2011/06/05(日) 19:00
改めて見てみると、ほんっとに食べない。
昔はお菓子やマクドナルドが好きだったはずなのに
シーザーサラダを頼んでもドレッシングやチーズの多めにかかったところは避けて
レタスをちょんちょんつっついて「もうお腹いっぱい」って言う。
「さっきお菓子食べ過ぎたから」って言うけど道中にお菓子なんか食べてない。

私は「部屋が汚いから一緒に掃除して」
「私が仕事してる間、ごはん作って待ってて」と、
とにかくあらゆる口実をつけて妹をひきとめ、しばらく一緒にいてもらった。
その間、両親から電話はいっさいなかった。

ある日妹がトイレで吐いてる現場をつかまえて
「うちのトイレでわざと吐くとは何事だゴラァ!」と一喝した。
妹はごめんなさいごめなさいうわーーーんと泣きだし、
それからやっとポツポツ話し出した。

妹「自分はだめな人間だからせめて両親や兄の恥にならないよう痩せていないといけない」

私「もともとそれほど太ってなかったじゃん」

妹「でも脚が太い。今もまだふくらはぎが太い」

私「鏡見てみな。骨に皮がくっついてるだけ」

妹「でもまだ太ってる。みっともない。近所の恥」

私「誰があんたを太ってるって言ったの」

妹「みんな」

私「みんなって誰」

妹「とにかくみんな」


と堂々巡りしたのち、やっと「兄が言った」と妹が認めた。


357:鬼女の生活|修羅場まとめ 2011/06/05(日) 19:09
妹はとある新聞社の主催する絵の賞に入選したらしいのだが
それが「絵画」というより「マンガっぽいイラスト」だったのが両親の気にいらず
賞を辞退しろと言われたらしい

両親が言うには「新聞社主催だから授賞式の模様が新聞に載るだろうし
うちの子がマンガなんか描いてるのが近所や親せきにばれたら恥ずかしい」と。
そして当時よくお見合いをしていた兄が
「妹がこんなゴリラだってばれたらいいとこのお嫁さんもらえなくなる」
と言ったらしい。
それを聞いて両親もアッハッハと笑ってたと。

妹が痩せようと思ったのはそれからだそうです。


361:鬼女の生活|修羅場まとめ 2011/06/05(日) 19:11
私と弟は親が兄にしか関心がなく
放任されてることを「ラッキー」と思ってきたからよかったけど
妹はそうじゃなかったんだな…と思い
私も妹にぜんぜんかまってやってなかった1人だと気づき改めて反省した。

もちろんすぐ劇的に妹が立ち直るわけもなく
かなりの期間は改善と悪化を繰り返し、一時期は体重が35kgを切ったりもしたけど
今はかなり安定して、実家を離れ就職している。

あれからずっと描いてなかった絵もまた描くようになったらしく
「趣味の範囲ででもずっと描いていきたい」
と言うようになったからとりあえず一安心かなと思ってる。
両親と兄はあいかわらず。


362:鬼女の生活|修羅場まとめ 2011/06/05(日) 19:14
モラハラか…家族のうちの誰かをスケープゴートにして
団結をはかるって、ここまでではないけど結構あるよね


363:鬼女の生活|修羅場まとめ 2011/06/05(日) 19:15
何か大揉めしたとかいう話じゃないけどゾっとした


364:鬼女の生活|修羅場まとめ 2011/06/05(日) 19:16
>>361
ひとつだけ教えてくれ。
その兄はお見合い成功してそんな不幸な家に嫁は来たのか?


366:鬼女の生活|修羅場まとめ 2011/06/05(日) 19:18
>>364
兄は今も独身です
お見合いは6回くらいしたのかな?
断ったり断られたりだったそうな。詳しく聞いてないからもっとしたのかも。


369:鬼女の生活|修羅場まとめ 2011/06/05(日) 19:25
>>366
よかった。
妹が実家から離れたら、その親子は次なるターゲットを必要とするに違いないから。
被害担当艦をひとり置いて、それをよってたかって虐げることで平和な一家を
保ってるふりをする人たちだよ。
実の娘でそれだから、そこに他人の嫁なんか投下した日には恐ろしいことになる・・・


370:鬼女の生活|修羅場まとめ 2011/06/05(日) 19:31
新聞社の賞がとれたんだから
イラストレーターになる道も開けたかもしれないのに…
妹さんカワイソス


371:鬼女の生活|修羅場まとめ 2011/06/05(日) 20:00
拒食症になった本人が認めないのはともかく、
大の大人が3人もそろって……ホントぞっとする
妹さん弟さんとはできるだけ連絡取り合って、
両親たちが変な介在してきてないか気にかけてたほうがいい気がする


373:鬼女の生活|修羅場まとめ 2011/06/05(日) 20:03
両親と兄が妹さんの未来潰そうとしてるよね、離れられて良かった
160cmで50kgをゴリラなんて言う奴に来る嫁なんぞ居ないわ


今までにあった最大の修羅場 £13