鬼女の生活|鬼女まとめブログ

鬼女まとめブログです。鬼女・修羅場・キチママ・スカッとする話など、日常生活に関連する人気の話をまとめたサイトです。

    2019年02月

    修羅場
    232:鬼女の生活|修羅場まとめ 2016/06/12(日)22:54 ID:lfB
    20代後半の時に中学の同窓会したんだけど、
    そこに中学の頃好きだったYが来た。

    いい年齢になったYはやっぱりカッコよかったけど、
    結婚を約束した彼女(遠距離)がいるらしい。
    そりゃそうだよなーこの歳だもんなぁと楽しく飲んで解散するとき、
    Yと帰る方向が同じだった。

    なんと最寄駅が同じ。
    私数年ここに一人暮らししてるけど会ったことなかったねーと話して解散。

    数か月後の私の誕生日付近に、Yが食事に誘ってくれた。
    彼女に悪いなーとは思いつつも、遠距離だし食事ぐらいいか、と思って誘いに乗った。


    続きを読む

    修羅場
    160:鬼女の生活|修羅場まとめ 2012/03/07(水) 21:39 ID:IQMhKUzJ
    うちの近所に引っ越してきた人で、子持ち家庭みたいなんだけど、
    旦那さんがいつもいなくて、奥さんと幼児2人だけで住んでる家があった。

    奥さんは肝っ玉母ちゃんみたいな、近所の子まとめて面倒みちゃう人で、
    放置親がそれをいいことに次々と放置子を放り込んでいってた。

    3歳児が2日間くらいそこの家に放り込まれたまま、
    親も連絡も知らない状態で放置だったと聞いた時は、さすがに引いた。

    奥さんはいつも笑ってて、奥さんの子もママ大好きだし信頼してる感じ。
    放置子達も、奥さんの子をディスったりして注意を引かなくても、
    奥さんがみんなを底抜けにかわいがってくれることを知ってる感じだった。

    でもやっぱり放置親に利用されてることには変わりないし、
    でも放置子たちは本来の子供の姿を取り戻した感じだし・・・
    なんて近所の私達が、
    でもでもだってで何も言えずにいたら、
    ずっと不在だった旦那さんが帰ってきた。


    続きを読む

    修羅場
    100:鬼女の生活|修羅場まとめ 2015/10/31(土) 19:52
    奥さんのウワキで離婚した、連れ子(女の子)のいる男性と結婚した

    女の子は小学生で、母親が悪いと言う事は理解していても納得出来てはいなかった
    しかも奥さんはとても綺麗でスタイルも良かったらしく、太っていて容姿も並以下の私が突然現れてお母さんだと言われても受け入れられる筈も無く、敵意や嫌悪の視線が凄かった

    でもわだかまりはいつか解けると信じて、ぎくしゃくしながらも生活を始めた

    おはよう、良く寝られた?
    お帰りなさい、ご飯にしようか?
    宿題はやった?

    と聞いただけで、
    あんたなんかお母さんじゃない!偉そうにしないで!
    と反抗される

    でも当たり前だよね、私がお母さんだなんて納得いかないよねと思ってたから、
    寧ろ反応してくれるのが嬉しくて、ウザい!と言われても声掛けはしていた

    そんなある日


    続きを読む

    復習・仕返し
    695:鬼女の生活|復讐・仕返しまとめ 2007/05/25(金) 16:28
    義兄のとこは結婚もうすぐ1年半、うちは半年

    とにかくウトメ(義父母)が「子供をつくれ」とうるさい
    お互いまだ子供は作る気がないと何度も言ってるのに…

    さらに私と義兄嫁の実家に電話して、
    「子供ができない欠陥品なら結婚させなかった」と言ったらしく、
    両親にまで何言ってんだ!と思いDQN行為を義兄嫁と決行


    続きを読む

    スカッとする話
    722:鬼女の生活|スカッとする話まとめ 2009/03/01(日) 21:00
    ウトメ(舅、姑)は会社を経営していて、夫は違う会社に勤務している。

    実質この会社を牛耳ってやった。

    私はウトメ会社にパート勤務していたが、
    不況でウトメに「時給を下げさせてほしい」と頭を下げられた。

    私自身はローンなしの持ち家で、夫の稼ぎがあるから、
    パート給料が多少下がっても何とかやっていける。

    でも社員さん達は子供もいるし、生活がかかってる。
    パートさんだってその給料で子供を私立大に通わせてる人もいる。
    経営者一族として、そこは我慢しようと思った。
    (元々稼ぎたいのならよそで働いた方がまし)

    承諾したらウトメは喜んでくれたし、私もそれで良かった。
    ウトメもこれから節約して、今は会社の事だけ考えて行くと言った。

    そして会社も創立ウン十年にもなれば昔からの従業員さんも定年が来る。
    新しい人を入れるが、すぐに勤務何十年の人と同じように働ける訳じゃない。
    と言う訳で、私の仕事も増え、安い給料で必死に頑張った。

    無給の早出残業もし、今までしていなかった仕事もこなしつつ、
    新人さんに仕事を教えた。

    トメはそんな私に何度もお礼を言ってきた。
    ところが節約すると言ったウトメは生活を変えず、
    次々と欲しい物を買い、
    一つ一つは数万程度でも、
    「その家電一つ買うのを我慢したら、私に今までと同じ給料払えるじゃないか」
    会社の為を思って安い給料で社畜の様に働く私にはムッと来る。

    まあ単純にそういうものでもないので思っても言わず、夫にも愚痴はこぼさなかった。
    そのかわり会社の事での無駄使いは一切許さず、それにウトメがイラついてきたらしい。


    続きを読む

    修羅場
    257:鬼女の生活|修羅場まとめ 2013/01/22(火) 13:48
    後味悪いかもしれない、なんかよく判らない修羅場です

    結婚した後分かったんだけど、
    夫の実家がニート(夫の実妹)を飼っていた
    それまで夫含む義実家が必死に隠していて、完全にいない存在になっていた。

    結婚式もお互いの家族だけで簡単に済ませちゃったし全然気付かなかった。
    まさかそんな、家族を隠すなんて。
    ウトメ、夫ともに凄いちゃんとした人達なんだよ。

    ある時、義実家に遊びに行ったら二階から何度か大きな物音がしたんで気付いたの。
    ウトメも夫も凄く謝って、全てこちらが面倒を見るから気にしないでくれ、と言われた。


    続きを読む

    復讐・仕返し
    665:鬼女の生活|復讐・仕返しまとめ 2013/12/11(水) 12:00 ID:y7Jaettc0
    個人的な復讐
    親に紹介して職場にも伝えておいて、
    土壇場で結婚を拒否されたんで復讐した

    結婚拒否の理由が
    「真実の愛を見つけたから」
    ってなんじゃそら

    てかそいつ(間男・復讐対象その2)との付き合いが俺より長いって情報は仕入れ済み


    続きを読む

    修羅場
    739:鬼女の生活|修羅場まとめ 2011/11/15(火) 10:24
    姉が婚約した時に同居の祖母が急逝した。

    八十だったけど、どこも悪くないとか
    笑っていたのにある日起きてこなかったので、
    私が朝食だと呼びに行ったら
    亡くなっていた。
    心臓マヒで眠るように亡くなっていたよ。

    いいばあちゃんで小さい頃は共働きの母に代わって私達姉妹を育ててくれて、
    懇談会も来てくれた。

    おしゃれできさくで気の若いばあちゃんは友達にも人気で、
    我が家は友達が遊びにきたいと言ってくれる家だった。

    そんなばあちゃんなのに姉の婚約者は気に入らず、姉には言わなかったが
    私に「あいつは嫌な臭いがする。やめた方がいいと思う。」と言って来た。
    でも恋愛結婚で二人とも仲良かったから私も誰にも言えなかった。


    続きを読む

    衝撃
    358:鬼女の生活|衝撃まとめ 2008/06/24(火) 03:12 ID:Ct7S7HYY0
    いまから数年前、学生だった私は15も歳の離れた男と付き合ってました。
    仮にAとしましょう。

    Aとは趣味を通じて知り合って、そのうち仲良くなり付き合い始めたんですが、彼は当時ちゃんと職についていたし、真面目で優しかったので周りが見えていない私はイノシシモードに入ってました。

    無事卒業し、就職試験も受かって働き出した頃、彼が突然仕事を辞めました。

    上司とのトラブルで半ば首にされたそうで、自分の稼ぎがないと家族から疎まれる、
    飯を食うなといわれる
    と泣きつかれたので(いい歳こいた親父が何言ってんだって感じですが)、
    当時かなり馬鹿だった私はあたりまえのように
    自分の給料から食事代をだしてあげたり、生活に必要なお金を出してあげたりしていました。

    あんなやつでも当時は好きだったんだと思うと身の毛がよだちます。

    そういう生活が2年ほど続き、当然私は貯金なんて出来るはずもなく、Aとその家族を食わせるために働いているような生活がずっと続いていました。


    続きを読む

    修羅場
    366:鬼女の生活|修羅場まとめ 2009/04/17(金) 19:08 ID:zUdOcGKG
    広い駐車場を持っているアパートが近所にある。
    大家さんは長年地元に住んでいるお婆さんで、他にも不動産を複数持っている。

    そこへ幼稚園児を連れたAさんが現れ、
    娘の送り迎えの間だけ車を置かせて欲しいと言ってきた。

    大家さんは場所も空いているし短い時間なら、と好意でそれを了承。

    Aさんは確かに最初のうちは、数分車を止めるだけだった。

    それから数ヵ月後。
    だんだんと長くなる駐車時間。勿論お金は払っていない。
    大家さんがAさんに長い時間停められるのは困ると言うも、
    その場では謝りながらも行動は変わらず。
    酷いときには丸二日停められていたらしい。

    大家さんは優しい雰囲気の小さなお婆さんで一人暮らし。
    だからAさんは増長していったのかもしれない。


    続きを読む