鬼女の生活|鬼女まとめブログ

鬼女まとめブログです。鬼女・修羅場・キチママ・スカッとする話など、日常生活に関連する人気の話をまとめたサイトです。

離婚

    このエントリーをはてなブックマークに追加
uwaki_genba_woman

梅雨入りしたし嫁の浮気でも書いていけ ©2ch.net
195: 鬼女まとめ 2016/10/14(金) 09:12:17.07
15年前の話になる
私24歳 結婚5年目  庭師 4歳の子♀あり
元嫁28歳 パート
間男29歳 嫁の大学の先輩 既婚子蟻

私は中卒ですぐに今の親方のところに弟子入りしました
17歳の時未成年ながらも居酒屋で飲んでました。そこで女性二人だけで来ている嫁に声をかけ
意気投合して付き合うようになり一年目で妊娠。出来婚しました

親父や親方から殴られ、嫁の父親からも殴られ「堕胎して別れろ!結婚は許さん」と言われながらも私は本気で嫁を愛してたので嫁と一緒に食い下がり認めてもらおうとました

私は嫁と生まれてくる子のために現場の仕事が終わっても居酒屋でバイトしたり身を粉にして働きました
唯一土曜の朝から夕方までが週一の休みで腹ボテの嫁を勞ったりして、出産後もできるだけ子育てに協力してました

私が二十歳になる頃は貯金も少なずながら800万は溜まり中古のマンションを購入し家族3人幸せでした
ある日ある現場で仕事していたとき嫁の車を見かけました。
子供はおらず横に誰か乗っているようでしたが
嫁も苦労しているから気晴らしに友達とランチでも行ってると思っていました
それから嫁の様子がおかしくなってきました。

話しかけても生返事、携帯で頻繁にメールのやり取り
気にはなっていたけど夫婦でもプライバシーは侵害できないと思い見過ごしていました

ある日自宅に帰ると深刻な顔をした嫁が話があると・・・
「あなたと出会う前からずっと好きな人がいます。その人と一緒になりたいので別れてください」と


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
pose_doyagao_woman

離婚準備中の人 in不倫・浮気板
213: 鬼女まとめ 2018/09/15(土) 22:07:15.48 0
Wから離婚した女だけど何か聞きたいことある?


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
落ち込む

ヨッメの実家の近くに住んだせいで家庭が崩壊して離婚しそうなんや
1: 鬼女まとめ 21/08/11(水)08:26:28 ID:AViv
ヨッメが義理オッヤから育児を手伝ってもらえるし
義理オッヤから金ももらえるし
別に良いかと思うてたんや
何よりもヨッメがそれを望んだから

でも、甘かったで

これから家を買う人は両家からほどほどの距離にあるところを勧めるで
どっちかの家に激チカだと遠い方のストレスがマックスになるで

あと、同居は論外や


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
後悔

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 197度目
958: 鬼女まとめ 2020/11/12(木) 10:56:44.86 ID:JtswEaNM
うちの従兄弟が離婚した。離婚理由は奥さんのヒスだった。
何度も両家の親を交えて話し合ったり、手を借りたりして再構築しようと頑張ってたけど、数ヶ月経つとまた元通り。
子供が産まれて少しずつおかしくなっていき従兄弟が育休を取って面倒みたり(奥さんはしばらく実家へ)して落ち着いたからと家に戻るとまたヒスが始まり
思い通りにいかないと子供の前でも癇癪起こしながら泣き出したりするので、子供も少し大きくなると母親の癇癪に困惑して泣いたりするようになり、このままでは自傷や虐待するのではないかと思って離婚を決意した。

従兄弟は会社にも全て事情を話して育休、有給も優先的に使わせて貰ったり、会社側も有給がなくなっても休みや早退遅刻を許してくれたり、自宅で出来る仕事を回してくれたり、離婚の時も弁護士を探してくれたり協力的だった。

離婚調停の時・・・


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
businessman8_niyari

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(135)
79: 鬼女まとめ 2015/11/20(金) 21:51:27.66 ID:xWV14JBj
胸くそ悪い話かも知れんが、他スレを読んで5年ほど前の話を思い出したので書く。

嫁が突然離婚して欲しいと言い出した。
理由を聞いても性格が合わないとか埒があかない上に明らかにこっちを挑発してるのがわかったから極めて冷静に受け答えしていた。

ある日、嫁が第三者を入れて話し合いと嫁の友人を連れて来た。しばらくいつもと同じ話をしてると、その友人がトイレに立った。
すると突然、嫁が何かに取り憑かれたように暴れ始め、
「やめて!助けて!」と一人芝居で悲鳴を上げた挙げ句、自分で(まるでスペランカー三宅の如く)飛んで、テーブルを巻き込んで派手に転んだ。ガラスのコップも落ちて割れた。
そこに友人が「大丈夫!」と戻ってきて、
「暴力を振るうなんて人間のクズよ!」と叫んだ。

「いや、こいつが勝手に暴れて転んだんだけど」と言うと
「言い逃れはやめなさい!卑怯者!」と言い、
「警察を呼ぶ」といきり立ったので
「やめた方がいいですよ。虚偽告訴罪に問われますよ」と言ったが
聞く耳持たず、警察を呼んだ。


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
bikkuri_me_tobideru_man

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 204度目
335: 鬼女まとめ 2021/04/18(日) 07:33:40.96 ID:cmin01Cl
昔の嫁さんが、どうも家を留守にすることが多くなったし
もしかして浮気でもしているのかと思って調べたら
それより遥かに悪かった。

嫁さんは薬をやっていた。
家の貯金も全部薬を買う金に使い果たし
それでも足りないからと、いかがわしい店で仕事までやっていた
嫁さんの両親にもこのことを伝えると、当然のように大泣き
どうするか悩んだ末、結局、もう俺らの手に負えないということになり
嫁さんを警察に通報した。
そうして嫁さんは医療刑務所送り
そして俺たちは離婚した。

五歳の娘がいたが、もちろん俺が引き取る。嫁さんは娑婆にはいないし
両親の家は、孫娘を物凄くかわいがっていたのだがな
嫁さんのことで引き取っても肩身が狭い思いをさせる可能性があるということで
あちらも納得してくれた

離婚後は俺の実家の方に移って、地元で親の仕事を継ぐことにしたよ
家業を継ぐのが嫌で、他所で就職していたのだが、もうこうなっては仕方がないだろ

それから数年たったが、嫁さんが娘に会いたがっていると連絡があったけど
当然、拒否している。
会わせられるわけないだろうが


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ゾッとする

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 205度目
256: 鬼女まとめ 2021/05/22(土) 17:21:02.62 ID:gLrbXIKT
15年ぐらい前に離婚した元夫の両親が訪ねてきたこと
息子とあなたに遺産相続させたいから形だけでもいいから私達に養子に入ってくれと(結婚は嫌だろうから)
私、自分の直感は信じるタイプなので即行で断りました
後々、調べてみると結婚の話が一瞬出た元夫は既に事故死
多額の保険金は老夫婦で使い潰され現在マイナス数千万
負の遺産しかありませんでした
ゾッとしたわ


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
修羅場

離婚するんだが、納得いかない
1: 鬼女まとめ 2021/08/11(水) 17:59:16.80 0
自分33、元嫁34、元嫁の連れ子15女(高1、軽い自閉症)、13男(中2)
昨日、仕事終わってしばらくしていきなり離婚を言い渡された。

初めての書き込みだから下手だが聞いてくれると嬉しい。

離婚の理由は2つあって、1つ目は喧嘩すると自分が結構声を張り上げてしまう。
そこは何度も治すように努力はしていたから喧嘩の初めは穏やかに話をしているんだけど、元嫁の理解力や想像力が乏しく話にならなくてイライラしてしまう。
そして怒りが爆発して声を荒らげてしまう。

それを義娘が聞いて、自分が悪者みたいに(一方的に怒鳴りつけてるって言ったのかな?ママを助けてと言ったらしい)義理母に毎回報告してたみたい。

もう1つは、下の子が全く勉強が出来なく三者面談でも行ける高校がありませんと言われてしまった。
でも本人は高校へは行きたいと言うので、「なら今は大変だけど、勉強をしなきゃ行きたくても行けないぞ」と言ってきた。これは中1の時から言い続けてきた。
けど、いくら言っても学校から帰ってきて1秒も勉強をしなく、ベットでゴロゴロ、お風呂も言われなきゃ入らないみたいな感じだった。
定期テストも10点台がほとんどで、よくて30点台だった。成績も主要五教科5段階評価の1か2。9教科合わせた合計が18だった。
流石に2年生の1学期が終わって、何も変わらなかった(ここで先生に先の三者面談で高校へは行けませんと言われた)ので少し口うるさく言った。

それまでは大体定期試験後のみだったのを1週間に1度くらいで、高校行きたいなら勉強しないと行けない。お前自身が頑張らないと試験にだって受けられないみたいなこと言った。
その話の中で、高校に行けなくても、社会に出ても自分は誰か(多分母親のこと)が助けてくれる。と言われた。

正直呆れた。

元々義実家の家族みんな女で父親も離婚してたから末っ子で男の子だから相当甘やかされてたんだと思う。


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
修羅場

スレ立てるまでもないが沢山言いたいこと op18
339: 鬼女まとめ 20/03/17(火)18:48:38 ID:51U
義父母が年2回、半月ほど我が家に滞在する。
旦那は一人っ子で、ただひとりの孫との時間を満喫する為だ。
正直言って半月は長いな、せめて一週間ぐらいだと楽だけどなって思うが
同居や近距離じゃないだけましかなと思って
そこは我慢しておもてなしすることにしていた。
が、昨年の夏のこと。
私の実家で母と同居している兄夫婦が家を建て直すことになって
母を一週間ほど預かってくれないかと打診があった。
その間はマンスリーマンションで暮らすことにしてるんだが
兄夫婦は新婚旅行以来旅行らしい旅行をしたことがないので
この機会に海外旅行をしたいらしい。
丁度子供も夏休みの恒例行事で、友達の田舎に仲良しグループのみんなで10日ほど遊びにいくので
それに合わせて旅行を計画したらしく、母を預かってほしいと。
母もたまには私子んちの孫に会いたいらしいと。
全然構わないけど、一応旦那に聞いてみるねって返事をしたが
まさか断られるとは思わなかった。
2~3日ならいいけど一週間も嫌だって。
疲れて仕事から帰ってきて義母がいるのって気を遣うって。
それで大喧嘩。
あなたの親は毎年二度も半月もの間滞在するのが当たり前になってて
私の親は結婚して初めて、たった一週間も泊まってもらっちゃだめなのか!って。
普段あまり怒ることのない私が突然キレたことにびっくりした旦那、
「わかったわかった。その代わりその間にうちの親が来ることになったら
ホテルにでも泊まって貰える?」だって。
それを聞いて更に激高。
「もういい。わかった。一週間、母と息子と3人で旅行してくる。
その代わりあなたの親を二度とここに呼ばないで。どうしても呼ぶって言うなら呼べばいい。
私は息子と一緒にどこかで過ごすから、おもてなしはあなたがひとりでしてね!」
自分でもこんなにキレたのは生まれて初めて。でも止まらなかったんだよね。


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
rikon

スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談part139
825: 鬼女まとめ 21/07/22(木)09:44:19 ID:k5.do.L1
大げさかも知れないけどYoutuberがきっかけで離婚になりそう…

妻は結婚当時からyoutubeを見るのが好きで、普通の動画以外に所謂Youtuberの動画をよく見ていた。
ゲーム実況とか、○円ショップや無印の商品紹介とか、バラエティ番組の真似事みたいな事をやるチャンネルが多かった。
Youtuberとしては有名な、変顔が気色悪くてつまらないあの兄弟の動画も見ていた。
自分は元々テレビ一切見ないから基本的にチャンネル権は妻にあり、リビングでは妻が好きな動画を流していた。
妻が見る動画は基本的に自分の趣味ではないんだけど、他に見たいものも無いし、BGMだと割り切ってつまらない動画はスルーしてた。

しかしいつの頃から妻から見ていたとあるYoutuberの動画が段々耳障りに感じる様になった。
主にゲームの実況動画らしいんだが、とにかくうるさい。声が甲高いのに不自然なぐらいテンション上げて
「あ~~~っ!!」「いぁぁぁ~~!!」「ウケェーッ!!!」「おらぁ~~~~っ!!!」
などとキャーギャー猿みたいな奇声を上げながら
騒いでゲームをプレイしている。妻はゲーム自体もそこそこやるが実況を見るのも同じぐらい楽しいらしかった。
その耳障りなYoutuberがやっていたゲームを買ってプレイする事もよくあった。
内容から明らかに小中学生向けのYoutuberなんだか親子で見ている人もいるらしい。
正直自分には理解できなかったが。

うるさいし、話している内容も正直全く浅くて面白く無いんだけど、妻がゲーム好きなのは知ってるから我慢して
リビングに居る時は付き合って一緒に見ていた。

それが少し前に、Youtuberがモンスターを倒していくゲームをプレイし始めたんだが、プレイヤーが必殺技を出す時に
「はじけろ、青春!!」みたいな決めゼリフ……を言う様になった。

えっ、ゲームの内容と全く関係ないし、どこからはじけろ青春が出たのか分からない。
意味が分からないしノリも不明だし何より全く面白くない。
でも動画のYoutuberはそれがさも面白そうに叫んでるし、妻はそれを見て「きたきた♪」みたいな感じで微笑んでいる。
そんな光景を目の当たりにした瞬間、もう一気にそのYoutuberに嫌悪感が湧いてきて、駄目になった。

元からつまらんしうるさい人だとは思ってたけど、もう感覚的に無理になってしまった。
甲高い奇声も全く面白くないトークもオタクが無理矢理上げてる様なテンションも全てが生理的に駄目になった。


続きを読む