鬼女の生活|鬼女まとめブログ

鬼女まとめブログです。鬼女・修羅場・キチママ・スカッとする話など、日常生活に関連する人気の話をまとめたサイトです。

    不思議な話

    画家

    墓場まで持っていく黒い過去
    295:鬼女まとめ 2009/11/27(金) 13:14 ID:CLrdm6/p0
    近所に割に有名だったと思うけど日本画家がいた。

    体が不自由で車いす生活だったけど品が良くやさしくて
    近所の子供がみな遊びに行ってはおやつをもらってた。

    初めて私が行った日涙を流した。
    奥さんではない、すごく好きだった
    人に似てるとかで・・・


    続きを読む

    同級生ママ

    奥様が経験した怖い話
    90:鬼女まとめ 2015/04/22(水)17:32 i1C
    「家を建てることを考えてる」ってよく言ってて、
    「家族構成の似てる家の色んな間取りとか研究したいから」というので、
    何度かしか話したことのない子の同級生ママさんを家に上げてしまった。

    後日そのことを聞いた別の同級生ママさんから、
    「あの人帰った後、家に変なシールが貼られてない?」
    と言われて、驚いてしまった。

    続きを読む

    御守り

    【窃盗】発見!泥棒~手癖の悪いママ【万引】
    315:鬼女まとめ 2011/07/08(金) 23:47 ID:5vzjGVFs
    私の学生時代からの友人Aは、仕事柄旅行する機会が多い。

    私たちの共通の知人で、占いと天然石のアクセサリーの店をやってる人が、
    Aの旅の御守りとしてガーネットの指輪を見立ててくれたのが5年前。
    この指輪を着けるようになってから、Aはすれすれで危険を回避するようになった。
    (間一髪で水害や土砂崩れを免れたとか、乗りそびれた船が座礁したとか)


    続きを読む

    不思議な話

    ほんのりと怖い話スレ 124
    656:鬼女まとめ 2017/07/08(土) 23:59 ID:qTNxkI3TO
    大学の夏休みの話

    7月中旬、実家に帰省する日取りを家族LINEで話して、7月の終わりごろに帰るという話になった
    別の大学に通うつ上の兄も同じ時期に帰るということで、話はまとまった筈だった

    でも、その帰る予定の前々日に兄から「やっぱり少し遅くなる。お盆に帰る」って連絡が入った

    自分は兄と違ってまだ研究室にも配属されていなかったから、兄が帰って来るまで実家でのんびりしてようと思っていた
    そして、実家に帰ってからちょっとして、警察から電話が来た



    続きを読む

    開運

    【風水】掃除で運気を呼び込もう【開運】
    319:鬼女まとめ 2014/12/26(金) 07:09 ID:3OtwGttk
    以前、話す機会のあった方が
    若い頃は漫画家を目指して色んな漫画家のアシスタントをしていたそうで
    面白い業界話をいくつか聞いたけど、
    その中の一つに「資料の方が飛び込んでくる作家」っていうのがあった



    続きを読む

    同級生

    その神経がわからん!
    930:鬼女まとめ 17/05/09(火)23:33 ID:aMA
    神経わからんってか、視神経わからんって話。

    子どもの頃、すごい家が貧乏でお風呂も毎日入ってない女の子がいた。


    続きを読む

    疑問

    609:鬼女まとめ 2014/02/15(土) 20:18 ID:CRKawK3u0
    子供の頃から今に至るまで不思議で、でも聞いちゃいけない気がしていることを書こうと思う。

    うちの母親は後妻で、自分や妹とは血が繋がっていない。


    続きを読む

    相談

    スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談
    45:鬼女まとめ 17/08/25(金)01:21 ID:L8i
    すみません、ちょっと訳わかんない相談です
    婚約者の顔がたまにゲシュタルト崩壊します

    寝起きに彼の顔を見た時や、人混みの中待ち合わせでふと目の前にいた時など、あれ?この人誰だっけ?ってなるんです
    こんなの四半世紀生きてきて初めての事で、戸惑いが隠せません


    続きを読む

    かえるの歌 その3



    どこを走っても同じ景色に見え、迷路から抜け出そうとしているような気分でした。

    1時間ぐらい走ると、ようやく叔母さんの家に着きました。
    中に入り、ある部屋に案内されたのですが、その部屋の中を見て再び恐怖が全身に広がりました。

    卓袱台しかないその部屋の壁一面、天井にまでお札がびっしりと貼られていたのです。
    異常としか思えませんでした。


    続きを読む

    かえるの歌 その2



    11時を過ぎた頃、事態が動きだしました。

    四人でたわいもない話をしていたところ、電話が鳴り叔母さんが出ました。
    10分ほど話して電話を切り、
    先輩と先輩の父には「そろそろ用意だから行っておいで」と、

    私には「○○ちゃんはここにいよっか。私も一緒にいるから」と言いました。
    何も分からなかった私は、「はい」と答えるしかなかったです。

    すると、先輩がムッとしたような表情で叔母さんに近付いていきました。
    そしてなぜか険悪なムードになり、突然二人の言い合いが始まりました。


    続きを読む