鬼女の生活|鬼女まとめブログ

鬼女まとめブログです。鬼女・修羅場・キチママ・スカッとする話など、日常生活に関連する人気の話をまとめたサイトです。

いい話

    このエントリーをはてなブックマークに追加
woman_66

【まったり】カレンダーの裏 16枚目【息抜き】 
332: 鬼女まとめ 2015/07/22(水) 16:07:11.78 ID:20YO5+uf
2週間後が予定日の妊婦
引き出しから若くして亡くなった母が私を出産した時のメモが出てきた

入院から退院まで淡々と日記が記されていて
自分は愛されて産まれてきたんだなーと思いながら読んでいたら
最後のページにこう書かれていた
「S(私)も大きくなってこの痛みを味わうと思うと
かわいそうだけど、女だから仕方ないんだよ
女はつらいのだ。だけど、がんばって」
なんか、泣いちゃったよ


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
face_smile_man5

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 201度目
401: 鬼女まとめ 2021/02/06(土) 07:12:24.82 ID:m+0pGCWt
旧友2人と久々にファミレスに行ったんだけど1人が金が無いから何も頼まないと言う。
人柄良い人物だったからもう1人と俺で出すから食べなよ!って快く提案したんだけど、
いや悪いよ!いいよ!の問答の末、俺が出す事で彼も食べた。
まあ1人だけ水ってのも雰囲気あれだしね。

そしたら後日・・・


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
後悔

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 198度目
205: 鬼女まとめ 2020/11/18(水) 01:13:52.82 ID:F3MYLOij
自分がADHDとアスペ併発のような気がして精神科医に通うようになって、両親に自分の生育歴とか聞いてみたら、やっぱり俺は子供の時からヤバイムーヴしてたらしい。
それはそれでまぁいいんだけど、実は両親もかなりイカれてるって事がわかった。

両親とも結婚するまでは学校は留年するわ、仕事は転々とするわ、それ以外にもまぁヒドいエピソード満載だった。

思わず俺は「お前らの悪いのが俺に遺伝して、俺がこんなに苦労するはめになったんだよ!」ってぶちギレた。
そしたら・・・


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
pose_sugoi_okoru_man

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(134) ©2ch.net
624: 鬼女まとめ 2015/11/03(火) 15:34:47.90 ID:jAydblHs
俺は小さい頃から酷いアトピー持ちでいじめられたりして根暗になって、高校中退して派遣で働くも、アトピーが一気に悪化して歩けなくなりクビ。顔もボロボロの時期はもう外に出るのも嫌。
とはいえ当時は母ちゃんも乳ガンになって入院したりして大変で、父ちゃん(母ちゃんを溺愛)から20万渡され家から出され、
一人暮らしを始め日雇いや内職で食いつないで7年くらい。月収10万とかでしんどかったけど、自分の全力だった。無借金で生活できたのはちょっと自慢したい。

昨年から、内職の縁で依頼側の会社に雇って貰えて契約金までいただいた。正社員ではなく個人事業主扱いだから社会保険も何もないけど、基本は文章を書く仕事(作家ではない)なので、会社からの温情もあり通勤は月2回くらいにしてもらえて、気持ちが凄く楽になった。
そして先日、昨年1年分の報酬が振り込まれ、270万程あって凄く凄く嬉しくて銀行で泣いた。過呼吸気味になって職員のおばさんにえらい迷惑かけた。
また1年は生きられる。

ずっと社会から間引きされてる感覚があったしアトピーもまだ治ってないから色々大変だけど、ちょっとだけ自信が持てた。


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
phone_woman3_cry

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(134)©2ch.net
382: 鬼女まとめ 2015/10/21(水) 15:30:37.93 ID:89p1ezCi
スレ違いだったらごめんなさい。
話には、全て元がつきます。

結婚して、当然のように義実家(義両親・義弟)での同居となった私は、当然のように、義実家の家事を全て行い、夫やウトメからDVをうけ、自由になるお金は全くありませんでした。
また義弟はDVなどはありませんでしたが、私がDVを受けてる時は携帯に夢中で無視、
たまに私が物を捨てた後のゴミ箱を漁ったり、一度机でで眠ってしまったときには、起きると真後ろにいたりなど、少し気味が悪かったです。
勿論毎日作っていたお弁当のお礼を言われたこともありません。

今ならおかしいと分かるのですがその当時は、親が毒親だったこともあり、結婚とはそういうものだと思い込んで堪え忍んでいました。


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
pose_genki04_woman

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 201度目
267: 鬼女まとめ 2021/02/03(水) 01:21:40.74 ID:HwHoHIO7
いじめにあったこともあり、17年間「顔がかわいくない」と思っていた

机にマジックでブスって書いてあったりブルマ世代のおばさんだか、太ももから血が出るほどつねられたりしてた(ちな政治家の娘さんにやられた)
だからファッションはおろか美容室もほぼ行かない、伸びたら親に頼んで毛先を切っておくだけ、かわいい雑貨も似合わないと罵られるからシンプルなもの…と選んで生きていた

18歳で大きな病気をして入院したら・・・


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
sports_baseball_man_asia

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(134) 
45: 鬼女まとめ 2015/09/28(月) 01:14:38.61 ID:25bxNc/r
高校野球やってた頃、入部した時に三年で投手やってた先輩が、
他校との練習試合があるとやる気のない打者(結構いる)に対しては真っ直ぐしか投げない人だった。
配分とかコースとか無視した全力投球。打順が回ってもその相手に対しては全球それ。
すると次第にやる気のない打者がバットを出すようになってきて、人によっては気持ち良いくらいのフルスイングまでする。
その時、先輩は打者に対してウンウンって頷いて、すごく嬉しそうな笑顔を見せて、以降は変化球も絡めて普通に投げる。打たれても嬉しそう。
そういうことが半年間で何度もあった。

何故?と直接聞ける機会があったので質問すると・・・


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ojisan1_angry

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(136) 
42: 鬼女まとめ 2016/01/14(木) 11:27:37.84 ID:Hspu2fLu
昔の職場の課長が無理難題を押し付けて来るときの口癖が「何か問題あるんか?これやったら誰かタヒぬんか?」だった。それで誰も言い返せず2徹とか3徹とか普通にやらされてた。
今思うと一般的な社員の3倍は仕事をこなしていたと思う。
時代はバブルだったからぜんぶ残業代は出たので、入社4年目の俺でもピーク時の手取りは100万近かった。いろいろとおかしな時代だった。

その後、バブルが弾け、残業代もロクに出なくなり、古い社員から首を切られるようになり
会社のエース部署だったうちの職場にもリストラの手が迫ってきたが、部下を守ったのがその課長。
人事のクソ部長が直々に乗り込んできて、皆に聞こえるように「会社も大変なんだから、無能な人には新しい人生を歩んでもらえ」などと言ってたが課長は頑として「うちの課に無能な人間など一人もいない」と突っぱねていた。

そんな日々が数ヶ月続いたある日・・・


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
pose_genki04_woman

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(141) 
739: 鬼女まとめ 2017/09/13(水) 16:58:24.07 ID:B+g/pxBs
二十年ほど前の話。

小学校にあがったりばかりの頃、近所のピアノ教室でちょっと頭角を現した私は都会の有名な先生に習うことになり
バスで15分程の距離を毎週通うことになった。

ある日、先生に言われた事が理解できずにくやしくて、帰りのバスで頭がぐるぐるしたまま寝落ちしてしまった。

目が覚めたら知らない風景。どれぐらい遠くに来てしまったんだろう?
これ以上家から離れたらダメだ!ととっさに思い、手提げをつかんで次の停留所で降りようとした。

当時はパンチ式のバスカードで、機械に通すと残額は足りたけど
残り数十円と表示されて、逆向きのバスに乗るには足りない・・・

日も暮れてくるし、お腹もすくし、不安でいっぱいだった。
レッスンで先生に厳しくされたし、バスは寝過ごすしで、情けなくて、お母さんは探してるかな?ちゃんと一人で帰れなくて、私はダメな子だと思ったら涙が出てきた。

降りた停留所は大きい道路沿いで、どうしたらいいか分からないまま、泣きながら歩き始め、気がつけば住宅地をさまよっていた。
人通りが全然なく、でも傍の家からは団欒の気配がして、よけいに寂しくて泣いた。


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
pose_kandou_man

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(137) 
351: 鬼女まとめ 2016/04/19(火) 21:37:41.89 ID:avD3LcUF
東日本大震災で、自分が所属する某サークルのメンバーでいらっしゃる飲食店経営のおじさん、
店舗兼ご自宅を失い意気消沈していた。おじさんは仮設住宅に引っ越したので住所を教えてもらった。
俺は自宅にあったサークル関連のグッズ多数(自分のお手製の品もある)を箱に詰めて贈り手紙を添えた。

「代金は必ず払っていただきます。おじさんが作る○○で」

半年後、おじさんと偶然再会した。公園で屋台をやっていて、
俺の顔を見るなり「この前の代金だ」と一食分の料理を包んで持たせてくれた。
おじさんは今、店舗を構えて復興の道を歩んでいる。


続きを読む