鬼女の生活|鬼女まとめブログ

鬼女まとめブログです。鬼女・修羅場・キチママ・スカッとする話など、日常生活に関連する人気の話をまとめたサイトです。

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験

    このエントリーをはてなブックマークに追加
pose_koshi_nukeru_kowai_man

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その4
491:鬼女まとめ 2014/11/15(土)22:07:32 ID:LGWdkx3Dg
親父のベンツに高校生のバイクが衝突した結果www
高校退学www一家離散www
親父怖すぎwww

衝突してきたのはバイクXJR400。
無免の16歳。よく死ななかったと思う。
夜中に直線道路で100キロ以上で飛ばして遊んでいたアホ高校生。
直線の先の緩いカーブにそのまま突っ込んでカーブの先の赤信号に気づく。
焦って運転ミスwww高校生吹っ飛ぶwww
バイクだけが信号待ちしていた親父の車にガシャーンwww

車載カメラにバッチリ写ってた。
推定速度80km/hでぶつかったらしい。
ベンツがまさかのバイクとの衝突で廃車www
頑丈な車ベンツと思っていたのにwww廃車www
親父激怒www
まぁ無傷だったから良かったんだけどね。
ちなみに高校生は生きてる。
運良く道路脇のツツジ?の茂みに滑走しながら突っ込んで死を免れた。
左腕と左手の小指を骨折して全身打撲に切り傷だった。

そしてそして親父の車はwww
なんとwwwベンツのS550www
FMCしたばかりの新車www
走行距離0.5万キロちょいだった。
余裕の1千万超え。減価償却しても1千万超えwwwひょえええええwww

保険に入ってるけど親父は保険を使わなかったwww
通勤はママンのプジョーRCZに切り替えwww
めっちゃ文句言いながら通勤。
当然相手に損害賠償請求したwww
未成年だから監督責任で親に賠償請求できたらしい。
その辺りは詳しく教えてくれなかった。
会社の顧問弁護士がいろいろやったそうだ。
けどけどDQNの親はDQN。
子供がやったことだからのお決まりのDQN理論www
こっちだって大怪我してる治療費払えとかwww
親父大大大激怒www

即効で裁判にwwwでもでも相手は馬鹿なDQNwww
弁護士も雇わず出廷もせず何もせずに親父勝訴www
そのまま差押えの手続www
そして最近ようやく差押が終わったそうだ。

つうかさっさと保険使って車買い直したと最近まで思ってた。
ドライブがてらに親父と久々にじっくり話した結果がこれ。
なんで保険使わなかったのか聞いたら謝罪を一切しない奴は社会にいらないとガチで言ってた。
息子ながらビビったわ。
礼儀には厳しいけど普段は温厚。めったに怒らないし他人に対してもクソ優しい。
さらっと今回の件を話す親父の本性を垣間見た。正直めっちゃビビってる。


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
驚く

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 88度目
931: 鬼女まとめ 2013/01/25(金) 20:15:30.71 ID:3KAN41FU
事故死した嫁さんの幽霊が出て来た事
それが透けてもなくてごく普通に生きてる人間みたいだった事
こういう幻覚を数ヶ月も見つつ普通に暮らしてた事
病院に行ったら見れなくなると思って必死で隠してた事


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
社員

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その4
767:鬼女まとめ 2014/11/29(土)18:24:43 ESc
同じ部署に、すげー女ぐせの悪い浮気ざんまいの社員Aがいる。
「嫁は俺に惚れぬいてるから何やっても別れないし、文句も言わない。うちは超亭主関白」
だそうで、嫁さんはAの浮気に泣きながら耐えているらしかった。
すげー健気な奥さんで、浮気発覚のたび泣いてすがり、でもAを愛してるから別れられない…という状況で
Aはから話を聞くたび内心嫁さんに同情していた。
こないだ昼メシ食いに行った先でA一家と遭遇した。
Aはいつもどおりデカイ声でわーっとしゃべってご満悦だから目立ってすぐわかる。
その向かいに奥さんと子供。でもイメージと全然違った。
Aにベタぼれのはずの嫁さん、Aをちらっとも見ない。話しに相槌もうたない。ずっと子供の相手してるだけ。
Aがコップ倒した時だけAの方を見たけど、ゴミでも見るような目して、ささっと拭いただけ。
あとはまた子供の世話して、ご機嫌でしゃべくってるAはずっと放置。
食い終わってAはふんぞりかえって店を出て、外でタバコ吸ってた。
嫁さんは子供に食べさせて、勘定してAの方は見もせずにスタスタ車へ。Aがそのあとをふんぞりかえってついていった。
なんていうかイメージがた崩れ。
ああいうのを亭主をATMにしてる状態って言うんだろうな、女はこえーと思った。


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
唖然

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その24
967: 鬼女まとめ 19/05/09(木)13:21:34 ID:fCR
新婚の義弟嫁がトメは悪、嫁に害をなす者って思考に染まっててすごい
GWで義実家へ集まった時にお寿司を頼んだら私の分だけが無かったので「長男嫁イビリですか!?」って大騒ぎしおった
別にこれは嫁イビリでもなんでもなく魚介類にアレルギーがある私のための措置なんだけどな
毎回トメさんは仲間外れにしてごめんねって近隣で名高い高級肉店の焼肉重を自ら買ってきて気遣ってくれるんで気にもしてない
むしろ一箱数千円の焼肉重を独り占めさせていただいてありがてえありがてえって毎回トメさんを拝んでる
そう説明しても「だったらみんなが食べられるものを頼むべきですよね!お義姉さん毒されてますよ!」って義弟嫁は納得せず
それも一理あるがウトさん、旦那、義弟、義妹夫婦にうちの娘×2が寿司や魚を愛し過ぎてる人種だから我慢させるのも忍びない
私がいいって言ったらいいんだって言っても義弟嫁は聞かないんで申し訳なさそうな義弟に連れ帰られちゃった
マジで平凡な親族間でこんな困ったちゃんが発生するとは思いもしてなくてびびったわ
普通に考えたらただただありがたいお気遣いすら悪意ととらえるとか並大抵の神経ではできないよね
綺麗めで心優しいって雰囲気だったのに中身がコレとか義弟嫁マジですごい子だ


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
びっくり

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 127度目
516: 鬼女まとめ 2015/04/02(木) 06:15:48.49 ID:snYpPxX4
20代半ばの頃、知人の紹介で自称サラリーマンの男性と知り合った。
やがて交際を申し込まれ、優しくて物腰穏やかな彼に好感を持っていた私は快諾。
平凡かつ幸せなお付き合いが始まった。

…が、ある日、彼からまさかのカミングアウト。
「実は自分は地元大手企業の跡取り長男。家系は創業者一族。父親は元市長。
 身の上を隠していたのはスペック目的で近付く女性回避のため。あと結婚意識してね!」
私ポカーンだったが深くは考えず、ひとまずは今まで通りの幸せな交際が続くと期待していた。

しかし、それを機に彼の態度は一変。
デートプランを決める時は「俺は激務でストレス過多、俺が癒されるコースで」
待ち合わせを決める時は「俺は激務で疲れてる、俺の地元(私宅から1時間半)集合で」
割り勘だった食事代は「(収入格差あるから)俺が出す、だから俺の食べたいものが優先」
デート中の雑談は「2人の共通の趣味はあればある程良い、アレとコレを勉強するといい」

次々と露呈する本性に戦慄して別れを切り出すと、彼ポカーン→パニック→何故か私が振られた。
身の上告白と同時に自己中が始まった&別れ話時の一連のリアクションから、
「自分のスペックを知れば我儘は許されるし逃げられもしない」と思っていたのではと邪推している。
でもスペックになびかない女性を選別しておきながら、スペックを盾に我儘を貫き、
あげくスペックが通じなくて衝撃を受けるとか、その発想にむしろ衝撃だった。


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
pose_zetsubou_man

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 123度目©2ch.net
891: 鬼女まとめ 2014/12/22(月) 21:29:04.49 ID:B9KEo72v
家族の死ってのはありきたりだけど、家族(兄)が自殺したことかなぁ。
原因は借金してたことだった。何に使ったのかよく分からん。
最後の持ち金は11円。車のなかに最後に食べたと思しき兄が好きだった
肉弁当みたいな空弁当箱があった。

日々の金に困って母さんの財布からも盗んでたらしい。
就職一人暮らしして何年も会って無かった自分のところにも金借りにきた。
思えばそこで気づくべきだった。

自殺したって聞いて、最初は悲しくなかったけど、遺体を見たら急に悲しくなって
涙が止まらなかった。
どうして気づけなかったのか自分を悔いたし、何とも思ってなかった兄が死んだことに
対してこんなに悲しくなる自分に凄く驚いた。それが衝撃だったかなぁ


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
face_angry_woman5

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 138度目
266: 鬼女まとめ 2016/03/08(火) 16:25:01.27 ID:JoYo94mm
今日の昼御飯時にあった出来事を投下
*スマホからなので遅いです。

当方自他共に認めるデブ
今日の昼はラーメンを食べようと
行き付けの店へ行ってきた。
昼時とあって混んでいたけど、
カウンターが空いているとの事なので
メニューを決めて来ていたから
即座に注文し席に着いた、
座った途端から隣から『ぶつぶつ』
と何か呟いている声が聞こえてきた。
ふと目をやると、おっさんが煙草を吸いながら小さい声で誰かの悪口を要っている。

一旦ココデキル。


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
修羅場

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その5
428:鬼女まとめ 2015/01/10(土)04:46:33 qbx
出産時のこと。

前駆陣痛があって病院に電話したら入院しましょうと言われ、昼過ぎに休み休み徒歩で病院へ。
入院手続きやら赤子のための準備やらして、夕食も頂いて、さぁ消灯(22時)って時から陣痛いらっしゃいませ。
生理痛が毎回倒れるほど重いので、痛みには慣れていたけどちょくちょくズシーンとくるのはやっぱり堪える。
壁殴ったり、自室をうろうろしたりしたけどマシにならん。
途中マジで産まれると思ってナースコール連打したりもした(子宮口全く開いてなかったw)。
うんうん唸ってゴロン…ゴロン…と体勢変えるも意味なし。
最終的に猫伸び姿勢が落ち着くと気付くも、全く眠れないまま翌朝を迎えて、朝食も痛みで食欲なくて食べれないし、朝の検診で分娩室まで階段で降りましょうと両脇抱えられてぐぬぬ。
分娩台に乗ったら子宮口7cm。
もうちょっとねーと言われてこれまた両脇抱えられて階段上る…もう泣きそう。
5分間隔になってきたので再度階段下りて分娩台に上がったら子宮口9cm。
「産まれますね!」と言われて分娩準備開始。
「ご主人電話繋がりません!」と言われたので1時間ほど待つ。
やっぱり繋がらないと言われるのでもう我慢の限界!と「もういいです産みます」と言って出産開始。
そこからは1時間ほどでスポーンと生まれた。2cmほど裂けたけど。


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
唖然

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その4
114:鬼女まとめ 2014/10/16(木)15:37:27 ID:YpuVvi93A
24歳の時に突然見合い話が舞い込んだ。

子供相手のある教室のお手伝いを本業(派遣社員)と別に時々やっていたら
生徒さんに付き添ってきたおばあちゃんになんか気に入られちゃって
息子の嫁にって見合い話があった。
当時彼氏いない歴2年かそこらだったし、友達がぽつぽつ結婚し始めた頃で
いい人ならお見合いもいいかなと思ったけど、
釣書を見たら坊ちゃん大学医学部出身の勤務医で実家は開業医。30代半ば。次男。
(そのおばあちゃんはお医者様の奥様で、連れて来た生徒さんは長男の子供)
これはあかん!これはあかん!と逃げた。
だって私、しがない専門学校卒だし、実家は店を畳むか続けるか
迷ってるような自転車屋だし、弟はまぁ一応公務員だけど
とてもとてもお医者様一家と釣り合うとは思えない。
いつの時代だよって突っ込まれそうだけど
「わたくしどもには勿体無い話でございます」とお断りした。
そしたらそのおばあちゃん(見合い相手の母親)が訪ねてきて
(当時は個人情報ダダ漏れだったからねぇ~)
客間の畳の上にキレイに正座して、背筋をピンと伸ばして
「医者の妻に学歴など必要ありませんわ。
 息子を大切にしてくれて、心優しい明るいお嬢さんをと思ってますの」
と、言葉が合ってるかどうかわかんないけど、そんな感じで上品に説得された。
でも全然気持ちは揺るがなくて、その上品さに余計に無理!って思えた。
「せめて一度会ってあげて下さいな。本当にいい子なんですのよ」
と、これも言葉が合ってるか分からないけど、しつこく上品に説得されて
さすがに断れる雰囲気じゃなくなって、お見合いがセッティングされた。
当日現れたお相手の男性は、身長は多分180m近くあったと思う。
とにかくデカかった。
顔も悪くはなかった。好みは分かれるかも知れないけど中尾明慶みたいな感じ。
顔合わせの後、ホテルのレストランでごはん食べたけど
とにかく落ち着かない。話が難しくてよく分からない。つまんない。
で、その日の夜、正式にお断りした。
「やはり私には勿体ないです。一緒に歩んでいけるとは思えませんでした」
返事はおばあちゃんに直接する約束だったので、正直にそう言った。
「そう、残念ね」と言われて終了~のはずだった。


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
修羅場

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 173度目
592: 鬼女まとめ 2018/12/06(木) 01:35:55.74 ID:rA4iRQaz
20歳の頃、公園で休息していたら小学校高学年くらいの男の子数人に取り囲まれたこと。
「お姉さん小さいね」(私は身長が低い)「お姉さんキスしたことある?」
「お姉さん恋人いるの?」とか言われた。怖くなって逃げてしまった。
背後で子供たちが笑ってた。


続きを読む