鬼女の生活|鬼女まとめブログ

鬼女まとめブログです。鬼女・修羅場・キチママ・スカッとする話など、日常生活に関連する人気の話をまとめたサイトです。

    料理

    その神経が分からん

    その神経が分からん!
    876:鬼女の生活|まとめ 2015/02/04(水)06:59 ID:0Zs
    お酒関連の神経解らんの話

    私はお酒が本当にダメ
    祝の席で最初に出される少量のシャンパンで嘔吐して倒れた

    最初で最後のアルコール摂取がそれで、それ以来お酒の匂いがプンプンするようなケーキは匂いだけで吐きそうになる


    続きを読む

    プロポーズ

    今までにあった最大の修羅場
    768:鬼女の生活|修羅場まとめ 2013/06/03(月) 07:45
    彼からプロポーズされた時「料理が苦手どころか全然できないけどそれでもいいの?」って聞いた。
    でも彼は「俺と結婚してくれるなら毎日お茶漬けでもいい!」って言ってくれたので嬉しくてOKした。

    だからって本当に毎日お茶漬けだしてもいいなんて思ってなかったから、
    結納から結婚までの間に、ばあちゃんに教わりながら料理の特訓して、
    一応、定番と言われるものぐらいは作れるようになって、ばあちゃんにもこれで大丈夫って言われた。

    そして結婚して一ヶ月も経たないうちに、想定外の事が起こった。
    彼の職場は独身の人以外は殆ど愛妻弁当らしい。
    思ったより料理できるんだから、自分も愛妻弁当を持っていきたいと言い出した。

    まだそこまでスキルが高くないし、出社時間が早いので(6時半)大変だなーと思ったけど
    毎日5時前に起きて頑張って作っていた。


    続きを読む

    恋も冷めた瞬間

    百年の恋も冷めた瞬間
    629:鬼女の生活|まとめ 2014/12/10(水)21:57
    付き合い始めて1ヶ月ぐらいの彼が「近くまで来たから」と突然遊びにきた。
    (アパートで独り暮らしです)

    電話も寄越さず本当にいきなりの訪問、しかも夜9時頃だったから
    いくら好きでもちょっと腹が立った。

    翌朝は会社の研修で出張の為、5時に家を出なきゃいけなかったし
    食事も終わってこれからお風呂に入って寝ようと思っていた矢先だった。

    いかにも泊まっていきたそうだったけど、彼氏とは言えまだプラトニックだったし
    事情を話して今日は無理って言ったら
    「腹減ったから何か食べさせて。そしたら帰るから」と言うので
    果物ぐらいしかないんだけどって言ったら、
    「何か作れるでしょ、なんでもい いから」としつこい。

    それで一応「何も材料ないから大したもの作れないけど、食べたら悪いけど帰ってね」って言ったら
    「冷たいなー冷たいなー」とおどけながら上がった。


    続きを読む

    修羅場
    464:鬼女の生活|修羅場まとめ 2015/02/25(水)08:45 ID:5ve
    結婚記念日にて。

    お前の料理はいつも美味しい。
    結婚して5年になるけどお前の料理が不味かったりイマイチだった事なんて一度もなかった。

    お前の料理のおかげで仕事の疲れを吹き飛ばす事が出来る。
    本当に感謝してる、ありがとう。

    だが!!!
    お前の料理は完璧過ぎる!!!


    続きを読む

    仕返し
    265:鬼女の生活|仕返しまとめ 2010/05/02(日) 23:32
    1週間前にしてやったDQN返し。

    義実家で同居しているんだが、トメ(姑)がとにかくうざい。
    子供だーの、しきたりがどーの、料理があーだこーだ。

    ウト(舅)と夫が居ない時に色々仕掛けてくるが、二人ともトメの悪行は知っている。
    ちゃんと〆てくれるんだが、トメは全く堪えず嫌がらせは続くばかり。

    悪いな、と謝るウトと夫にむしろこちらが申し訳なくなりつつ、逆襲の許可をいただいた。
    せっかくいただいたチャンスなので、ぶちかましてやった。


    続きを読む

    修羅場
    927:鬼女の生活|修羅場まとめ 2007/10/25(木) 05:28
    あんまり深刻じゃないけど、家庭内修羅場を。

    私が高校一年の冬、母がホットプレートで夕飯のお好み焼きを焼いていた。
    母は普段は料理が上手い人なのだか、何故かその日は
    焼きの段階から少し変な匂いがしていた。

    お好み焼きが焼きあがり、父・母・私で食卓を囲んだ。

    匂いの通り、何だか妙な味…例えるならば、
    牛乳を拭いた雑巾汁を飲んだらこんな感じか?というような。

    私と父は三口ぐらいで食べるのを止めた。
    私「何か、匂いも味もおかしいんだけど」
    父「うん…何入れた?」

    すると母が突然逆上、いきなり立ち上がって父と私の茶碗(白飯入り)を父に向かって投げつけるわ、金ヘラを窓から放り投げるわ大修羅場。


    続きを読む