鬼女の生活|2ch修羅場まとめブログ

当サイトは「鬼女の生活|2ch修羅場まとめブログ」です。2ちゃんねるの修羅場・浮気・復讐・離婚・不倫について関連するスレをまとめています。

    旦那

    修羅場

    今までにあった最大の修羅場
    559:鬼女の生活|修羅場まとめ 2011/08/03(水) 11:14
    先々月うちに知らない女性がきた。

    インターホン越しに対応していたんだけど、何を言いたいのかわからないが、旦那の知り合いだというのはわかった。

    5分くらいして女性は帰っていった。

    しばらくして旦那が息を切らして帰ってきて、
    「髪が型くらいまでで、背格好がお前と同じような女が来なかったか!?」と。
    来たことを伝えると、慌てて上司や後輩に電話して「ついに家に来た!」と大騒ぎ。


    続きを読む

    復讐・仕返し

    奥様が墓場まで持っていく黒い過去
    713:鬼女の生活|黒い過去まとめ 2016/04/08(金)14:05 ID:Ab5
    旦那の不倫が本気で 既婚プリを離婚させて自分も私との離婚を決めていたが
    私は別れずにっこにこで過ごした

    私の至らないところを責め立てて
    私から離婚を切り出させようとしていた旦那だったが
    『そうなの?治すよ。離婚はしないよ。したかったら家出て別居の実績作って頑張って』と放り出した

    旦那は帰ってきては離婚しろ離婚しろと半ば脅迫の勢いだったが
    家を綺麗にして美味しいご飯を作り笑顔で送り出した
    荷物も毎回作った。
    旦那はそのうち顔に痛々しい爪痕をつけて帰ってくるようになった


    続きを読む

    鬼女まとめ
    894:鬼女の生活|まとめ 平成28年 12/10(土)20:34
    結婚してからずっと旦那が気持悪くて仕方なかった。

    旦那を選んだのは自分だろっていうのはその通りなんだけど

    お風呂に入ると必ず壁に鼻くそなすり付ける
    トイレが常に汚い
    掃除どころか片付けだって1度もしたことない。
    タバコ吸う時はシンクに座る
    クチャラー
    箸を握って食べる

    全部義母が仕方ないわねーで躾放置した結果なのはわかってるんだけど、
    気持わるいもんは気持ち悪い。

    そして子供に興味0
    子育て家事を投げっぱなしってレベルじゃなく
    子供が呼んでもシカトする、
    生タヒに関わる(生まれた時からトラブルありの病弱)ことでも、
    「俺は仕事あるから実家帰ってゆっくりするからお前は子供に専念しろよ」

    そんな人。


    続きを読む

    修羅場
    936:鬼女の生活|修羅場まとめ 2018/07/30(月)17:33 ID:3MV
    義実家参りを週三でしろと言う旦那。
    理由は義母の手伝いの為。
    それが出来ないなら義母と同居だと言われた。

    義母は片手が不自由だが生活が困るほどではない。
    それに義父もいるのだから私が行く理由がない。
    それでも義実家参りをするべきだ!それが嫁のつとめだと主張する旦那。

    交際時はこうも母親に執着する素振りも見せず、ごくごく普通の男だったのに、結婚3年目で突然言い出した。
    何をどうしたのか、女の役割とやらを説く。

    義父も大概で、偏食や身体の不調を義母に支えられて克服したのに、
    いざ義母に何かあったら放置。
    電車で12駅分の距離にいる義妹(既婚 乳児あり)やそこから更に遠い私にぶん投げようとしている。


    続きを読む

    修羅場
    676:鬼女の生活|修羅場まとめ 2014/09/21(日)06:14 ID:oXObXp7Kt
    旦那が単身赴任中に女を作られて同棲までされ、
    こっそり帰郷もして旦那の親に再婚相手として紹介されてた事がある

    旦那親も女が私より学があって、貧しい生まれ育ちの私と違って家も裕福な浮気相手との再婚に賛成してた

    私は生まれたばかりの子供と幼児二人の計三人の子供を抱えてたのに
    何だかんだと生活費も一円も送金してくれなくなって、
    赤ちゃん抱え途方にくれて母に子供たちを預け働いたけど、家賃払って何とか生きるだけのお金しか稼げなかった
    毎日バス代を抑えるため往復20キロ以上かかる宅と実家、パート先への道を歩いてた

    お金が作れなくて、音信不通になった旦那の赴任先にようやく行けたのは連絡が無くなってから3ヶ月近くたってから


    続きを読む

    修羅場
    675: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)05:04 ID:zqP
    修羅場ってほどじゃないかもしれんが、金が人を変えてしまった話。

    上司の娘さんとその旦那さんの話。
    旦那さんはレストランで修業中の料理人さん。
    上司の家に遊びに行った時に偶然一回会っただけの俺のこと覚えてくれてて、二回目会った時向こうから気づいて笑顔で挨拶してくれた。
    いい人だな、と思って好印象だったよ。

    そんな旦那さんが独立して自分のレストランを開業した。
    雑誌やテレビで紹介されて開業一年で一躍有名店になった。

    続きます

    続きを読む

    娘
    808: 名無しさん@おーぷん 2015/03/17(火)14:49 ID:OqT
    娘の手料理を貶した旦那が絶賛嫌われ中。
    中二の娘がハンバーグを作ったんだけど、旦那が「お母さん(私)の味じゃない。まずい。お母さんが作ったのないの?」と言ってしまった。

    娘が冷静に「何が悪かった?味?」と聞いた。
    すると旦那は
    「子供が火を扱うな。毒見させるならお母さんかお婆ちゃん(トメ)でいいだろ。俺が稼いできた金で無駄なもん生産するなよ」と溜息吐いた。

    私はもちろん旦那に文句言ったけど、普段旦那の味方するトメですら旦那を非難したわ。

    続きを読む

    喧嘩
    251: 名無しさん@おーぷん 2016/03/28(月)19:26 ID:7kf
    たった今旦那と喧嘩になったよ。

    「朝目覚ましでは起きれないから嫁たん起こして!
    今の嫁たんの仕事では俺を起こすのは不可能だから
    転職できない?10時~19時くらいの。あ、夜勤とかいいかもね。」

    この発言が昨日。

    おちゃらけて冗談で言ったのかと思ったら、先程「昨日の転職の件、考えてくれた?」とスマホで求人を見せてきたので脱力。

    旦那の起床時間は6時。私は5時。
    出勤時間の関係で私の方が一時間早い。

    旦那が激務な事を考えて同時に起こすような事はしないし、家事は風呂掃除しか頼んでない。

    もう腹が立っちゃって、無理だ駄目だ馬鹿じゃないの?と全力拒否。

    続きを読む

    お墓参り
    359: 名無しさん@おーぷん 2014/08/12(火)16:56 ID:ItOjMFHxD
    旦那が娘(当時2歳)を墓の上に乗せやがった。

    義両親(姑は旦那が高校生の時に死去 舅は娘を妊娠中に死去)の、お墓参りで娘を旦那が抱っこして墓前まで来たのだが、線香を車に置いてきてしまった。
    私が取りに行って戻ってきたら娘が墓の上(一番高い所)に座ってた。
    支えとか無しで。その場に旦那はいない。

    私は驚いて娘を救出。
    ニコニコ顔で腕の中でキャッキャしている娘を見て安堵していたら、旦那が戻ってきた。
    第一声が、「なんで降ろすの!?」だった。

    私は何故墓に乗せた、落ちて大怪我をしたらどうすると責めまくった。
    しかも墓の上に娘を置いてその場を離れた理由を聞いたら、
    「そこの茂みの小高いところから、墓の上の娘の写真を撮ろうと思った。綺麗なんだよ」と言われた。
    あまりに馬鹿で非常識、最悪の事態を考えない夫に腹をたて、お墓参り後は旦那を置いてさっさと娘と車で帰ってきてしまった。

    帰りの運転中にもじゃんじゃん鳴る携帯。
    旦那帰宅後も(電車とタクシーで帰ってきた)自分がやった行いを一切悪いと思わず、墓地に置き去りにした事をネチネチ責められた。

    「娘が墓から落ちていたらしんでいたかもしれない!何故あんなことをしたわけ!?」

    「だから娘の記念写真を撮ろうとしたんだって・・・」

    「墓で記念写真取る人間があんたの周りに一人でもいた!?物心もつくかつかないかの幼児を墓の上に乗せた人を今まで見たことある!?お義父さんお義母さんにも失礼だと思わないの!?」

    「墓の話なんて普段周りとしないし・・・俺だって赤ん坊の頃墓の上に乗った写真を撮ってもらったし」

    私、呆然。

    続きを読む

    婚姻届け
    78: 名無しさん@HOME 2015/07/10(金) 18:59
    入籍した日が最大の修羅場。
    夫(当時はまだ彼氏)はその日夜勤のため昼間はぐっすり眠ってた。
    かれこれ1年近く前から籍を入れると決めていたその日は付き合いだした記念日でもあって、
    2ヶ月前にシフトが出てその日が夜勤とわかった時から、当日は早めに起きて夕方役所が閉まるまでに一緒に婚姻届を出しに行こうと話し合って決まってた。


    その日の朝…既婚で子持ちの親友でもある幼馴染みが、取るつもりだった振休が仕事の都合で撤回になってしまい
    3歳男児の預け先が無く、泣く泣くうちに相談してきたので快く預かることになった。

    昼過ぎまで友人子と遊び、そろそろ…と夫を起こそうとするも全く起きず。
    その他はほぼ完璧と言っていいほど私には勿体無いくらいの夫なんだけれど、無理に起こしたときの寝起きだけは阿修羅。ものすごい阿修羅。
    決まった時間睡眠を取ればスッキリ起きてくれるんだけど、その日は慣れない子供のはしゃぎ声でなかなか寝付けなかったらしく、その上(市役所に行くために)早く起こされて超絶暴君。

    寝てるのか起きているのか、ウーンウーンと唸り…挙げ句の果てには
    「そんなに今日じゃなきゃダメ?」

    カッチーン。ダメです、今日じゃなきゃ意味がない!

    続きを読む