鬼女の生活|鬼女まとめブログ

鬼女まとめブログです。鬼女・修羅場・キチママ・スカッとする話など、日常生活に関連する人気の話をまとめたサイトです。

本当にあったずうずうしい話

    このエントリーをはてなブックマークに追加
face_angry_woman5

(-д-)本当にあったずうずうしい話
303:鬼女まとめ 2015/08/23(日) 22:24:43.10 ID:chjY07df.net
弟夫婦の子供が来年小学生。
てなわけで、弟がウチの両親と祖父母に「ランドセルと机買ってね」と連絡してきた。
それ聞いて両親激怒、祖父母困惑。
だって弟夫婦の子供、写真でしか見たことない。しかもその写真も1歳になるころには送られなくなった。
両親は「会ったことのない孫になんかやるものはない!」とブチ切れ。
弟は「姉ちゃんとこにはやったろ!」と逆ギレしたけど、両親が
・私夫婦は旦那側の親戚が誰もいないこと
・旦那の配慮で私の実家と祖父母の中間に住んでて、いざとなったら私夫婦に色々と手助けをしてもらっていること(祖父母の通院の車出しとか)
・両親も祖父母も、私の子供たちには新生児のころから頻繁に会っていること
・ランドセルも机も当初旦那が拒否したが、お祝いとして孫(ひ孫)に贈ったこと
・それは全て旦那が私側の親戚との付き合いを頑張っていることと、孫がきちんと自分たちにお礼を言える子だったからしたことだ
と説明した。

弟夫婦は結婚報告以来会ったことない。
私の実家から車で1時間ほど離れたアパートに住んでるとは聞いてるけど、弟夫婦は車持ってないからか、本当に会ってない。
弟嫁の顔をみんな忘れてるくらい。
弟経由で、弟嫁の実家は徒歩5分の距離と聞いてるから、弟嫁両親たちは毎日のように孫を見れるらしい。
溺愛してるって弟は言ってるのに「小学生で必要なものは旦那の親の方が買うもんだ」と、孫に1円も出さないと宣言してるとか。

弟が「じゃあ今度連れてくるよ」と言っても「今更遅い」と両親が拒否。
弟は「姉ちゃんとこと同じ孫だろ!」とブチ切れると「孫はすでに2人おるから知らんわ!」と特に父がブチ切れ。
その後、実家に数年振りに弟嫁から「あなたたちのことは既に死んだことにしてるんですけど、生き返らせたかったらお祝いよろしく!」と電話がきたらしい。
対応したオカンが「死んだままで結構!」と返したらものすごいキレてたみたい。

弟嫁、結構アレなキャラだったんだなぁ。


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
pose_shock_man

(-д-)本当にあったずうずうしい話
795:鬼女まとめ 2014/11/24(月) 16:58:31.33 ID:XAdCvaUR.net
マジで臓器乞食多いな、俺の場合はずうずうしい通り越してキチガイ案件だけど便乗する(←ずうずうしい)
臓器提供意思表示カードってあるじゃん、あれ今免許証に記載できるようになってる
で、更新時にカッコつけて「使えるもんなら役立ててくれ(キリッ」ってノリで全部の臓器を『死後』提供しますって書いた
これを見た会社のお局が、自分の子のために臓器提供しろ移植希望者なんだよ!とか言い出してワロタ
「死後提供します」であって生き肝抜いて良いとは言ってねーんだよ、第一『心臓病』の息子さんに移植って俺死ぬじゃん
と言う当たり前のツッコミ(当然もっと懇切丁寧に普通の言葉でお断りした)を入れたら、会社の階段から突き飛ばされた
俺が死ねば息子が助かるんだとか言ってたけど、事故死だと大抵心臓壊れるし俺の心臓が合うかどうかの検査すらしてない
当然警察案件だが、殺人未遂までは勘弁してやって下さいって言った俺カッコイイ(とずうずうしく自褒め)

この件について「子を思う母の美談」だから許してやれと言い出したお局の同僚共が最高にずうずうしい
病気の息子さんのために傷害で留めるのは納得だが、慰謝料とか治療費をチャラにしろはねーよ
じゃあお前等が代わりに払ってくれるのか?って病床で聞いたら全員無言で回れ右
正直お局に関しては看病でノイローゼ気味だったかもしれないし、怖いし腹も立つがわからなくもない
だけどそれを美談に仕立てて取るべき責任チャラにさせて良い事したつもりになろうとしたお局の同僚は許さない
連中は今も普通に働いてる、別に制裁する方法も無いしね
治療費とか有休の報告ついでに経理とか人事に報告したから査定に響いた可能性はあるけど
お局は当然解雇、息子さんのその後は知らない
話題に便乗する俺も大概ずうずうしいがそういうお話


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
face_angry_man5

(-д-)本当にあったずうずうしい話 
844: 鬼女まとめ 2010/06/02(水) 15:45:09 ID:XR4ZSfGT
じいちゃんが他界したので親戚一同が大集合した。
見たことも無い親戚が大半だった事もあり、軽く挨拶する程度でその場は終わった。

で、数ヵ月後に知らない人から結婚式に出席して欲しいとハガキが来た。
とりあえず無視しても良かったけど、母が一応連絡してみたら葬式で軽く挨拶した親戚のおばちゃんだった。
田舎に住んでいるために、結婚式に呼べる人が少なくて困っている。
特に若い人が少ないので何とか協力してもらえないでしょうか?との事。

まぁそんなに遠くないし行って来たら?と母親にも言われ参加することに。

当日、受付を済ませて新郎新婦に挨拶も終わり親戚の控え室のベランダで休んでいたら
新郎新婦と新郎両親が入ってきた。
新郎「っていうかさ、さっきのアイツ誰?俺知らないんだけど」
新郎母「○×さんよ、親戚も遠くて高齢な人が多くてなかなか来てもらえないから、来て貰ったの」
新郎「知らん奴に来てもらってもなwマジで何しにきたんだよってw」
新郎母「あんた、来てもらっておいて何言ってるの」
新郎「いや、別に俺は頼んでないじゃん」

「そうなんだ、頼まれて無いなら帰るわ、祝儀と交通費は返せよ」と、俺ベランダから登場。
固まる親戚一同、ニコニコ笑いながら「あんたの旦那こんな奴だけど、まぁ頑張ってね」と新婦に挨拶して
部屋から出る俺。受付でご祝儀返してもらってる最中も「穏便に」と言われたけど
「あそこまでバカにされて、式の間耐えろっての?悪いけどあんな最低な新郎など祝う気にはならん」
と言って帰ってきた、ヤジ馬も結構居たし最悪な結婚式になっただろうな。


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
社員

(-д-)本当にあったずうずうしい話
19:鬼女まとめ 2017/03/19(日) 10:34:07.24 ID:aVp+sK2Y.net
去年、仕事の昼休みの食事のあと日頃腕時計をつけてない同僚がかわいい時計をしてたのでその話になった
ご主人のお父さんから結婚記念のプレゼントにもらったそうで文字盤が裏表についてる変ったものでひっくり返して見せてくれた
すると居合わせた先輩が「ちょっと貸して」と自分の腕につけて強引に借りてそのまま持って行ってしまってみんな唖然
同僚はそのときかなり困った顔をしていたんだけどつい先日とんでもない事態になっていたことが判明

同僚は時計をなかなか返してくれず先輩にはぐらかされていたそうだが
ご主人に時計(お揃いだったそうです)のことを聞かれたときに事情を話したらしい
時計はかなり高価なものだったらしく記念のものでもあるので怒ったご主人がその先輩のもとに取り返しに向かったら
時計は先輩の手元にはなくなんと別の人に有料で貸してしまってた(つまり売っていた)
それで怒ったご主人が職場に通報して本人には即座に返さない場合は被害届を出すというところになってると同僚に聞いた
そういえば先輩は最近見ないなあと思ったがかなりびっくり
会社の処分待ちで自宅待機なのかな?

同僚は気が弱い性格で数ヶ月もそんなになるまで何もできなかったのかと気の毒だけど
先輩もそんなことをやるような人にはぜんぜん見えなかったのでホントに驚きでした


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ゾッとする

(-д-)本当にあったずうずうしい話
537:鬼女まとめ 2016/12/13(火) 17:41:54.71 ID:WB5KzGBq.net
小姑が腎臓2個ともやられて完全に腎不全になった。
「もし適合するようならお前の腎臓を妹(小姑)にくれんか?」と夫に言われた。
その時は「うん、わかった」と承諾したが、自分の腎臓を摘出される場面を想像したり
もし摘出後に今度は自分の残りの腎臓が悪くなったらもう後が無いじゃんとか
考えたら後からジワジワ恐怖感が湧いて「ごめん!やっぱり怖い!」と
適合検査の協力願いの話を拒絶してしまった・・・
小姑や夫や姑は私の薄情さを責めるようなことは一切無かったが
透析生活になった小姑には当然ながらずっとすまなさと疚しさがあった。

しかし後々になって気付いたら、小姑が腎不全になって以来
夫や姑自身は適合検査なんて全くしてないんだよね。
腎臓移植なんて成功の可能性が一番高いのは当然血を分けた親族。
それでダメなら他のドナーを探すのがまぁ普通だろう。
なのに、夫と姑は自分の腎臓を本気で提供する気はなかったのか
検査すらしてみずに、私には「腎臓クレ」と気軽によく頼めたなぁ・・・


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
びっくり

(-д-)本当にあったずうずうしい話
318: 鬼女まとめ 2010/04/12(月) 13:12:38 ID:7uCFsNiH
うちの隣にあった空き家に今年の4月頭に引っ越してきた家族がいる。
晩御飯の用意をしていると、その隣の家の奥さんが突然来て、「美味しそうな匂いですね。おかず分けてくれませんか?」と来る。
ずうずうしいなこいつと思いながら、ちょうど4人分(うちは4人家族)しかないから、分けることはできないと断ると、「じゃあ誰か一人我慢してもらって、うちにその一人前分分けてください」とか言ってくる。
うちの人間はよく食べるから、それもできないと断ると、「じゃあ、同じものを作ってください。それで、出来たら呼んでください」とか言って帰ろうとする。
まてまてそんなアホなと思いながら、もう材料が無いから作れないと言うと、「じゃあ買ってきて作ってください」とかぬかしやがる。
ふざけるな何で他人の為にわざわざそんな面倒なことをしなければならんというのを、遠回しに言うと、「不親切ね!近所付き合いっていうのが分かっていない!」とか叫んで帰っていった。
近所付き合いが分かっていないのはてめえだ


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
police_warui

(-д-)本当にあったずうずうしい話
128: 鬼女まとめ 2009/09/23(水) 18:08:49 ID:tKAoukoD
友達の家に遊びにいったときのこと。

夜中に友達の自転車を借りて買出しに行くことにした。
途中、パトカーに停められて自転車の持ち主の照会をされた。
警官「貴方の名前言ってくれる?」
友達の自転車なのにうっかり自分の名前を言ってしまう。

自分の名前と、防犯登録されている名前が違うと判明するや否や警官の態度豹変。

警官「どっから盗った!?」 
友達のものを借りていると説明すると、
警官「じゃあ友達に今すぐ電話しろ」
電話するも、友達は出ない。
警官「何で出ないんだ?っていうか出れないよな。嘘に裏なんてあるはずないもんなぁwww」


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
pose_mesen_uekara_woman

(-д-)本当にあったずうずうしい話
943: 鬼女まとめ 2009/09/21(月) 22:06:59 ID:mkHvkHw3
同じ大学に本家の娘がいた。つっても、分家(?)の自分らは普通のサラリーマン家庭だし、
そもそも、そいつに会ったことなんざないから、気にしてなかった。
曾じいちゃん同士が兄弟だったらしいけど、ぶっちゃけ血は繋がってないし。
あえて言うなら、苗字が同じくらい(よくある名前だけど)

で、ある日見知らぬ女に、いきなり上から目線で話しかけられた。
「あんた、分家の人間だったら、本家の私の言う事聞くべき!逆らったら、どうなるかわかるよね?」
だってさ。
初対面の年下にそう言われて奴隷志願するほど俺バカじゃねぇよって言って無視した。
数日後にそいつの親から謝られた。親に言いつけて逆に怒られたらしい。バカだ。

家柄だけで、人をどうこうできるとか図々しい。


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
pose_doyagao_woman


(-д-)本当にあったずうずうしい話
694:鬼女まとめ 16/04/29(金)20:20:30
3年前に今の家に引っ越してきた。
隣の家は夫婦と子ども、奥さんの母親が同居している家。
住み始めてすぐ、隣家の庭から舞う落ち葉がすごいことに気づいた。
2F玄関から1Fガレージに降りる階段と踊り場に葉っぱが溜まってくるので、毎日掃き掃除をしていた。
道路にも落ち葉がすごいからお向かいさんも掃き掃除をしていたのだけど、隣家は全然掃除をしない。
隣家はバラも育てたりしているのだけど、自分ちだけが綺麗だったら他はいいという感じっぽかった。
造園業者が隣家に来ていた日、チャンス!と思い、隣家のおばあさんに
「そちらの壁をはみ出ている部分は、切ってもらえないか。うちの外階段から切ったら簡単に切れるから」
と提案半分・文句半分で話したけど「ああはいはい」と生返事するだけでスルーされた。

台風が来て、我が家が葉っぱだらけになった時、玄関に出るなり「うわっすごい、葉っぱだらけ!」て言っているのを
隣に聞かれてしまったのだけどニッコニコで話しかけられて「自然はいいでしょうー♪」とかお花畑な対応。


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
唖然

(-д-)本当にあったずうずうしい話 
944: 鬼女まとめ 2009/09/10(木) 12:24:17 ID:SKgh0Mpb
年末帰省するときのこと。
新幹線の指定席に行くと、私の席におじさんが座っていた。
3人家族で2枚しか指定席を取っていないので(両親と1歳くらいの子)
席を譲れと言われるが、こっちはお金も払っているし、他に代わりの席もないので断ると
私が犬連れなのをみて、「子供は動物アレルギー!近づかないで」とわめき始める。
参ったな~と思っていると、ずいぶん前のほうに座っていたヤクザ風味のおじさんが
「じゃあお嬢ちゃん(私?)とチケット交換してあげるよ」とどかっとその席に座り込み、
私はおじさんが座っていた席に行くことになった。
その後家族連れはおじさんに「子供もいるいい年した大人が、相手みてアヤつけるとか
情けないことしちゃいかんでしょう?」とヤクザ風味さんに説教されていた。
ずうずうしい親子連れだ、ヤクザ風味さんありがとう!GJと思った。が。
変わってもらった席の周囲が全部ダークスーツのそっち風味でちょっと怖かった・・・。


続きを読む