鬼女の生活|2ch修羅場まとめブログ

当サイトは「鬼女の生活|2ch修羅場まとめブログ」です。2ちゃんねるの修羅場・浮気・復讐・離婚・不倫について関連するスレをまとめています。

    記憶

    衝撃的な話

    今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験
    622:鬼女の生活|衝撃まとめ 2013/06/25(火) 10:22 ID:Ev/RzCL1
    ハタチの時、朝に庭の水やりをしてて、ホースに足を引っ掛けてしまい、近くにあった植木鉢を置く台?に胸を強くぶつけた。

    ものすごく痛くて、声も出なくてうずくまってたらだんだん脂汗が出てきて、ボーっとしてきて意識がなくなったんだけど、
    気づいたら夕方になってて家の中にいた。

    家の中っていっても自分の家じゃなかった。
    他人の家の匂いがしてて、私は着たことない部屋着を着て広いリビングのソファに座ってた。

    え?え?何??誰かに連れ去られた??と思ってたら、
    ぬいぐるみ持った小さい女の子が来て、「一緒に遊ぼう」って言うの。

    ものすごくびっくりして、でもとりあえず「ママは?」って聞いたら、
    「ママも一緒に遊びたい」って。

    どうしようどうしようって混乱しながら家の人が誰かいないか確かめようと思って、女の子と手を繋いで家の中を歩きまわって、
    洗面所で鏡みて驚愕した。

    私は普通体型でギャルっぽい格好だったのに、髪の毛が黒くてゆるふわみたいなオダンゴしてて、老けて痩せてた。

    すごい長いこと鏡見てたと思う。

    カレンダー見たら水やりしてた日からちょうど5年経ってた。
    その女の子は私の子供だった。

    実家に電話したら、
    「どうしたの?昨日そっちに行ったばっかりなのに」的なこと言われて、
    本気で怖くなって受話器放り投げた。

    夫らしい人が帰ってきてその日は外食したんだけど、私の様子が変なせいかすごく気遣われた。

    つまり、意識のない間に恋愛して結婚して子供まで産んでたんだけど、
    まったく何も覚えてない。

    あれから1年とちょっと経つんだけど、まだ普通に生活してます。


    続きを読む

    修羅場いじめ
    963: 名無しさん@おーぷん 2014/05/11(日)23:37 ID:qGOraYHOU
    いじめの加害者をずっと別人と間違えて記憶して恨んでいたこと。

    小中高同じ面子しかいないようなど田舎だったので、いじめられっこの俺は大学は県外に脱出。
    そのまま就職した。

    年初めくらいに同窓会があって、成人式も帰らなかったのに何故か出る気に
    なって久しぶりに帰郷。
    母親から俺をいじめてた奴が夢を追ってニートして
    たのに挫折して、今は親の家業継いでるってきいたからざまぁという気持ちが強かった。
    そい
    つをAとする。


    続きを読む

    悩み
    69: 1/2 2014/03/21(金)12:15 ID:RYW2Y5lkj
    大した修羅場でもないのに、書いたら長くなってしまった。
    長文すまん。

    私の一番古い記憶は祖母の家に自分一人置いていかれて、母はタクシーで出掛ける場面だ。
    しかしそれが夢なのか現実なのかよく分からなかった。

    私は一度祖母の所に捨てられたのか?
    しかし家族写真を見るとそんな感じは一切ない。
    だからあれは幼い頃に見た夢と現実が混同しただけなのか?
    ずっとモヤモヤしていたのだが、遂に母にその話をしてみた

    私「お母さんにおばあちゃんの家に置いていかれた記憶あるんだよねw
    確か私は半袖短パン履いてて、お母さんははタクシーで出掛けて行ったんだ。
    その前後の記憶はないけど、置いて行かれたことだけ鮮明に覚えてる。
    あれは夢だったのかな?」

    母「いや…たぶん現実だわ」

    (  Д ) ゚ ゚

    続きを読む

    泣いた
    572: 名無しさん@HOME 2017/05/08(月) 14:23
    修羅場ねぇ…
    自分的には18の頃に警察から父親が亡くなって見つかった連絡入った時かな
    どうもホームレスの様な状態だったらしくて外で亡くなっていたそうだ。

    なぜ身元が判明し、こちらに連絡が入ったのかと言えば、なんぞ事件を起こして別荘暮らし
    の経験があり、その人物記録で判明したと言う話だった。
    結果、自分のところだけではなく田舎の祖父の方にも連絡がいき葬儀などはそちらで
    やってくれた。

    ま、自分は施設育ちで父親なんて記憶の中にほとんど残っていない存在だったのだけれど
    まさかそんな結末で存在を知ることになるとは思わなかったな。

    続きを読む