鬼女の生活|2ch修羅場まとめブログ

当サイトは「鬼女の生活|2ch修羅場まとめブログ」です。2ちゃんねるの修羅場・浮気・復讐・離婚・不倫について関連するスレをまとめています。

    離婚

    修羅場
    393:鬼女の生活|修羅場まとめ 2015/11/02(月)11:51 ID:5tS
    兄はバツイチ。
    前妻さんとの離婚原因は、前妻さんが流産してノイローゼになってしまったからだと聞いてた。

    当時私は県外の大学にいて、親伝いにしか話を聞いてなかった。
    その後私はUターン就職して結婚。ちょっと遅れて兄も再婚した。

    再婚して1年後、兄嫁(義姉)さんが妊娠した。
    そうしたら兄が変になった。

    まず帰宅しない(※うちの親とは車で30分の距離に別居)
    兄嫁さんに冷たい。
    話を無視したり邪険にする。
    触られると嫌そうにする。
    生活費を削る。

    兄嫁さんが私に↑をメールしてきて事が発覚。
    私から母に伝え、両親、兄夫婦+私で家族会議になった。

    ちなみに私がいたのは兄嫁さんに「いてくれ」と頼まれたから。
    私がいないと兄に反論しにくいと言われた。

    そこで続々と兄の迷言が飛び出す。


    続きを読む

    衝撃
    250:鬼女の生活|衝撃まとめ 2018/05/16(水)18:21:34 ID:ngc
    復讐とは言えないかもだけど。

    元夫の二度目の浮気が発覚してから、元夫は半年家に帰ってこなかった。
    女のとこにいたんだろう。でも私は息子(当時1歳)のために稼いでごはん食べさせなきゃいけなくて、探すどころじゃなかった。

    半年後に夫の居所がわかって離婚した。

    ↑っていうのが私の記憶なんだけど、実際は違ったみたい。


    続きを読む

    修羅場
    100:鬼女の生活|修羅場まとめ 2015/10/31(土) 19:52
    奥さんの浮気で離婚した、連れ子(女の子)のいる男性と結婚した

    女の子は小学生で、母親が悪いと言う事は理解していても納得出来てはいなかった
    しかも奥さんはとても綺麗でスタイルも良かったらしく、太っていて容姿も並以下の私が突然現れてお母さんだと言われても受け入れられる筈も無く、敵意や嫌悪の視線が凄かった

    でもわだかまりはいつか解けると信じて、ぎくしゃくしながらも生活を始めた

    おはよう、良く寝られた?
    お帰りなさい、ご飯にしようか?
    宿題はやった?

    と聞いただけで、
    あんたなんかお母さんじゃない!偉そうにしないで!
    と反抗される

    でも当たり前だよね、私がお母さんだなんて納得いかないよねと思ってたから、
    寧ろ反応してくれるのが嬉しくて、ウザい!と言われても声掛けはしていた

    そんなある日


    続きを読む

    修羅場
    257:鬼女の生活|修羅場まとめ 2013/01/22(火) 13:48
    後味悪いかもしれない、なんかよく判らない修羅場です

    結婚した後分かったんだけど、
    夫の実家がニート(夫の実妹)を飼っていた
    それまで夫含む義実家が必死に隠していて、完全にいない存在になっていた。

    結婚式もお互いの家族だけで簡単に済ませちゃったし全然気付かなかった。
    まさかそんな、家族を隠すなんて。
    ウトメ、夫ともに凄いちゃんとした人達なんだよ。

    ある時、義実家に遊びに行ったら二階から何度か大きな物音がしたんで気付いたの。
    ウトメも夫も凄く謝って、全てこちらが面倒を見るから気にしないでくれ、と言われた。


    続きを読む

    修羅場
    546:鬼女の生活|修羅場まとめ 2014/12/01(月)11:01 ID:6xj
    離婚したいから結婚したと言われたときが、人生最大の修羅場

    ある日突然夫に離婚を言い出され、緑の紙を渡されて、混乱しながらも理由を聞いた

    お金のことか、好きな人が出来たか、それとも私に至らないところがあったのかと
    でもどれも違った

    旦那はそもそも離婚したかったから私と結婚したんだと言った

    義母は義父(会ったことはない)と離婚してシングルマザーで義姉と夫を育てた人
    そんな義母と同じになるように、夫は自分も一度は離婚しようと決めていたんだそうだ

    でも、本当に好きな人と離婚するのは嫌だ好きじゃない女と結婚して離婚しよう、と
    それで白羽の矢が立ったのが私

    もう頭が真っ白だったし、意味が少しも理解できなかった


    続きを読む

    修羅場
    169:鬼女の生活|修羅場まとめ 2013/02/22(金) 07:40
    自分の修羅場
    全部元がつきます

    恋人にプロポーズされてそれを受け義実家に挨拶に行ったところ
    姑に片親育ちの女との結婚なんて許さない、
    子供がいるのに簡単に
    離婚するような親に育てられた子供も信用できないと、
    かなりきつい口調で言われ
    当時は私も若かったので苦労して育ててくれた母のことまで言われて頭に血が上り
    それなら認めてくれなくても結構ですと喧嘩を買う形になってしまった

    彼は出来れば実家とも仲良くしてほしいと言っていたけど、
    最終的に自分を選んで
    実家とは縁を切ってくれた
    でもその後、姑が突然離婚

    それまで舅に色々不満はあっても子供たちが就職や結婚で不利にならないように我慢してきたのに、息子が片親の女を取って実家と絶縁したことで何もかも馬鹿馬鹿しくなったらしい。
    当然義実家は大騒ぎになった
    これが第一の修羅場


    続きを読む

    aaaaaa
    504:鬼女の生活|衝撃まとめ 2013/10/30(水) 23:56
    「元・嫁同士」の話なんだけど。

    私が初めての子を妊娠して夫実家に報告した時、
    実はその半月前に義兄嫁も妊娠してた。

    義兄嫁も初めての妊娠で、
    翌月のGWにみんなが集まったときに
    サプライズで発表するつもりで義兄にも黙ってるように言ってたらしい。
    なのに後から妊娠した私が何も考えずに先に報告しちゃったものだから計画が狂っちゃったらしいんだ。

    私たち夫婦より兄夫婦の方が2年先に結婚してたから、
    兄夫婦にとっても義父母にとっても待望の孫だったわけで、
    そこらへん少しは配慮して家族計画立てろよ、気が利かない女だってなことを義兄嫁に言われた。(ほんとはもっと口汚い言い方だった)


    続きを読む

    修羅場
    171:鬼女の生活|修羅場まとめ 2008/05/03(土) 10:50
    15歳の時に親が離婚した。

    当時は父と母が毎日いがみ合いしてて家の空気が最悪だった。

    離婚が決まった時に子供三人(俺、妹、弟)はどちらについていくか聞かれた。

    俺→どちらも嫌。一人暮らししたいから資金援助だけ希望
    妹→母についていく
    弟→お兄ちゃん(俺)についていく

    ちなみに弟は当時5歳
    弟にここまで厳しい決断をさせた両親に腹がたって頭がおかしくなりそうだった。

    結局弟は父が引き取ることに。
    弟に何もしてやれない自分が情けなくて涙が出た。


    続きを読む

    衝撃
    297:鬼女の生活|衝撃まとめ:2015/01/02(金)22:58 ID:TzJ
    どこに書き込んでいいか分からないから、以前別件で書き込ませてもらったここに書かせて貰う

    私が元嫁の妹を、不登校から学校へ復帰させた時の話になるから、不登校の知り合いがいる人は参考になるかもしれない

    元義妹は、小学生の頃からイラストを書くのが好きで、クラスメイトからもそこそこ人気があったらしい
    しかし中学に上がってからは、他校出身の子に自分のイラストをオタクっぽくてキモいと馬鹿にされ、中学校に行くのが嫌になり、夏休みが終わっても学校へ行けず、そのまま不登校になってしまった

    元義妹が不登校のまま、学校に一度も行けずに2年生になった春、私は元嫁を通じて彼女と面会した
    最初はかなり警戒されたが、私が同じく不登校であったことや同じ趣味であるイラストの話などをしている内に心を開いてくれ、徐々にだがある程度踏み込んだ話ができるようになっていった

    ある時、義妹は私に『なぜ学校に行けと言わないの?』と聞いてきた


    続きを読む

    修羅場
    935: 鬼女の生活|修羅場まとめ 投稿日:2012/05/22(火) 10:07
    自分の人生最大の修羅場を投下する。

    元がつくけど、最初に結婚した人は、とにかく直情的だった。
    もうカーッとなると、後先が考えられないタイプ。
    でもお互いに譲り合って、相手を怒らせること自体があまり無かったから、
    それなりに平和に暮らしていた。

    それが変わったのが、俺の浮気妄想に嫁が取り憑かれた時。

    原因は、仕事が修羅場すぎて帰れなかったことなんだけれど、
    3日間
    「仕事が忙しくて帰れない。ごめん」というメールだけで連絡して、
    電話もせずに帰れず、ようやく帰宅したら家中のガラスが割られてて、嫁がいなかった。

    続きを読む

    このページのトップヘ