鬼女の生活|鬼女まとめブログ

鬼女まとめブログです。鬼女・修羅場・キチママ・スカッとする話など、日常生活に関連する人気の話をまとめたサイトです。

離婚

    このエントリーをはてなブックマークに追加
離婚
124: 名無しさん 2014/03/23(日)00:36 ID:hwKI2hrGd
長くなりますがご容赦ください。

私はバツイチ。
元旦那のフリンが原因で離婚したのが五年前。ちなみに子供はなし。

離婚後に異動願いが希望通りになって、
結婚当時住んでいた土地からは少し離れた所に引っ越した。
離婚から数年経って、職場の同期の結婚式で大学時代の知人Aに再会して意気投合した。
学生の頃はそれほど親しくなかったのに、なんとなく話が弾んで連絡を取り合うようになった。
私がバツイチなのも恋愛に慎重になっていることも話した。
それでもAは気長に待ってくれて結婚も視野に入れて付き合うようになったのが二年ほど前。

その直後、元旦那との離婚の原因となったフリン相手B子から電話がきた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
相続トラブル
415: 名無しさん@おーぷん 2015/06/16(火)11:32 ID:c1P
ネットで「伴侶の実家を自分の家だと思い込む」系の書き込みを時々見かけるけど、うちもそうだった。今思い出しても腹立つ。

私は姉と一回り近く年が離れていて、姉が結婚した時中学生だった。
姉が結婚してすぐ、父が他界した。突然だった。

家には専業主婦の母と中学生の私が残され、母は泣き暮らしてた。
心配した姉夫婦がしばらく同居してくれることになった。
母も私も大丈夫だと断ったけど、姉夫婦がはっちゃけてる感じだった。
同居はあまり上手くいかなかった。

大きなトラブルはなかったけど、知らない男性が家にいるのは思春期の私には辛かったし、姉夫婦の新婚生活にもお邪魔だったろう。

姉夫の「可哀想だから一緒に暮らしてやってる俺偉い」って態度もなんか嫌だった。
姉は出張だらけの激務で毎日ヘロヘロになってた。
だから母というスーパー主婦のいる実家は居心地良かったんだろう。
姉夫婦ともきちんと働いていて問題行動はなかったんだけどね。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
怒る
357: 名無しさん@おーぷん 2016/04/05(火)19:43 ID:N86
五年前に何かにつけて母親失格と罵る旦那と別れたのですが、
半年ほど前にその元旦那が私の実家にやってきて愚痴を言いに来たのが修羅場。

元旦那は交際時と妊娠前は紳士かと思うくらい優しい人でしたが、
悪阻や妊娠中に体調不良が続き、更に前置胎盤で入院した事でキレられました。

そんなんじゃ健康な子供は産まれない!母親失格!
男か女かわからない?なんで?母親失格!

失格失格失格失格!

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
結婚詐欺
2016/07/19(火)
結婚詐欺の容疑をかけられた事。

当時の私は20代後半、既婚・小梨で、
ある企業で派遣で働いて1年が経とうとしていた頃だった。

A男は隣の部署で30代後半、私としては生理的に無理って外見の男。
仕事中に内線で問い合わせをした事はあるが、それ以外はほとんど話した事すらない。


話をまとめると、
B子(50代未婚で私と同じ部署)が、私のアドレスだと偽ってB子のアドレスをA男に渡した。
私のフリをして毎日A男とメールをして、旦那と離婚してA男と結婚するために必要とかってお金を振り込ませていたらしい。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
修羅場
828: 鬼女の生活|修羅場まとめ 2015/06/22(月) 20:11
妻が二股かけていて自分と結婚したのは金目的だったことを知った時が最大の修羅場。

ウワキ発覚のきっかけは子供の似顔絵。
ショッピングセンターでやってたお父さんの似顔絵を
書いてみよう的なイベントで子供に絵を書かせたら妻がやたらと子供に指示をしていた。

子供が髪を書こうとしたときに取ったクレヨンが茶色で
それを見た妻が慌てて黒に持ち替えさせていた事に違和感を感じて
探偵に探らせたら見事に真っ黒。
子供も相手の種だった。

その後、色々あって離婚はしたけど、思えば前兆なんていくらでもあったのに
ことごとく見逃していたなぁ、と。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
夫婦
2014/04/30
彼女と私は小学校からの長い付き合いで、彼氏いない歴=年齢だった彼女は、親が登録した結婚相談所で見合い結婚。
でも1男1女に恵まれて、結婚当初から専業主婦、ローンが大変とか言いながらも20代でマイホームも手に入れて、私には幸せそうに見えた。
彼女自身も、見合いとは言ってもいい人に巡り合えてよかったって言ってたし。

今となってはそれは表向きで、実際には夫婦間(又は嫁姑間とか)で何かあったのか
それとも単純に結婚と恋愛は別ってことだったのか、・・・わかんないけど。
フリンを知ったのは本当に偶然だった。

知られないように隣県で会ってたみたいだけど、
それを夫が仕事先に向かう途中で目撃してしまった。

夫曰く「旦那さんじゃない男と普通は腕組まないよなぁ」って。
そうやって知ってしまったことを黙ってたのは、
旦那さんやお子さんに知られる前に
別れるといいなと思ってたし、私がどうのこうの言うことじゃないと思ったから。
けどある日彼女自身から告白された。

こんな言い方しては申し訳ないけど、<初めての恋>というシチュエーションに酔ってるだけに見えた。
出会うのが遅すぎたとか、何もかも捨てても一緒になりたいとか
今時漫画や小説でも出てこないようなセリフがバンバン飛び出して
泣きながら「彼のことしか考えられないの~」とか言われる。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
修羅場
539: 名無しさん@おーぷん 2015/08/10(月)13:56 ID:JFk
仲の悪かった両親の離婚の際、
母が子供(私)の父親は別にいると言い出して
親権確保に熱心だった父は急速に勢いを失い一人で家を去った

それが親権欲しさの母の嘘だと知ったのは高校の時、本人から聞かされた
ただ何かしらのリアクションを起こす気にはなれなかった

母の言葉が今度こそ本当だという確証も、それを証明する手段もない
さらに当時父には既に交際する女性がいて、どちらにしても手遅れだと思った

ようやく親子関係と母の嘘が証明されたのは、DNA鑑定が周知されてから

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
修羅場
799: 名無しさん@おーぷん 2016/07/10(日)20:21 ID:S9t
10年位前の話。
妹が家に来た時が最大の修羅場。

人間関係がややこしいんですが、自分の母は実父と離婚、のち再婚。
継父、母、自分で当時生活していました。

で実父の方も再婚していたらしく、離婚後も面会していたある日に幼稚園くらいの女の子と一緒に来て妹だと紹介されました。
つまり異母妹ということなんですが、「いきなり紹介されても……」と思った(再婚していたことすら知らなかった)し、
異母妹もよく分からない感じだったし微妙な雰囲気のまま。

で、しばらくしたら「ちょっと面倒見ていてくれ」といって席を立つ実父。
その時は飲み物かタバコでも買い行ったのかと思ったんですが、いつまで待っても戻らず。
いい加減に自分も家に帰らないといけないのにと思いつつ待ち続けても戻らず。
妹が泣き始めて自分も軽くパニックになって家へ電話。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
離婚
485: 名無しさん@おーぷん 2016/07/11(月)18:43 ID:igd
元夫と離婚したのは、今成人を過ぎた娘が中1だった頃のこと。
離婚理由は、夫が家庭内暴力で家を1/3ほど破壊した甥を勝手に引き取ってきた事だった。

甥はいじめられっ子で、登校拒否→家庭内暴力に発展した。
勝手な想像だけど、甥がいじめられたのは元夫の妹がやってた「叱らない育児」のせい。

まったく我慢のできない子供に育ち、小1の時点で魔の2歳児で止まったような精神年齢だった。
当然団体行動はできず、友達もできず、小4あたりからいじめられ始め
中学には数日しか行かず登校拒否するようになった。
その後は母親(元夫の妹)に八つ当たりして暴力の日々。
元夫の妹旦那は家に帰らなくなり、元夫の妹は義実家に泣きつく毎日だった。

そして甥が15歳になった時、
「妹はもう限界だ。甥にはもう俺達しかいないんだ(キリッ」と、承諾もなしに甥を連れ帰ってきた。

甥がおとなしかったのは最初の4時間だけだった。
(今思えば、あの甥がよく4時間我慢できたなと思うけど)

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
唖然
546:鬼女の生活|修羅場まとめ 2014/12/01(月)11:01 ID:6xj
離婚したいから結婚したと言われたときが、人生最大の修羅場

ある日突然夫に離婚を言い出され、緑の紙を渡されて、混乱しながらも理由を聞いた

お金のことか、好きな人が出来たか、それとも私に至らないところがあったのかと
でもどれも違った

旦那はそもそも離婚したかったから私と結婚したんだと言った

義母は義父(会ったことはない)と離婚してシングルマザーで義姉と夫を育てた人
そんな義母と同じになるように、夫は自分も一度は離婚しようと決めていたんだそうだ

でも、本当に好きな人と離婚するのは嫌だ好きじゃない女と結婚して離婚しよう、と
それで白羽の矢が立ったのが私

もう頭が真っ白だったし、意味が少しも理解できなかった


続きを読む